メニュー

2017.11.18

疲労回復には豚肉!代謝も上がるにんにく味噌しゃぶしゃぶ【身体が変わる!10分レシピ#12】

KenCoM公式:料理研究家・りんひろこ

記事画像

今回は「疲労回復と代謝アップを狙った料理」です。
無気力、抑うつ、倦怠感などに効果があるとされるビタミンB1を多く含む豚肉、そしてビタミンB1の吸収促進作用があるにんにく。
この2つの組み合わせは、疲れをとるのに最適です。にんにくに含まれるアリシンやビタミンEには抗酸化作用や抗菌・解毒作用があり、疲労回復や病気から身体を守る効果も期待できますよ。

今回は、そんな豚肉とにんにくを同時にとれる温かい鍋料理をご紹介します。
にんにくと味噌の香ばしさで、野菜もたっぷりとれますよ。

にんにくと豚でお手軽しゃぶしゃぶ

今回のしゃぶしゃぶのだしは贅沢に昆布でとります。昆布ダシはすっきりとして食材のおいしさがよく感じられる汁。
塩気が少し足りないと感じられる場合は、だしではなく、しょうゆを足してみてくださいね。

〆にうどんを入れれば、この鍋だけで十分な夕食になります。
手軽で元気になれるにんにく味噌しゃぶしゃぶ、ぜひ試してみてください。

【材料】(2人分)

・昆布 5×10センチ程度を1枚(※なければ顆粒だし1/3~1/2袋程度でもOK)
・水 1L

・豚もも肉(しゃぶしゃぶ用) 200g
・白菜 4枚(300g程度)
・にんじん 1本
・長ねぎ 1本

A
・にんにく(すりおろし) 1片or小さじ1~2程度
・味噌 大さじ4
・しょうゆ 大さじ2
・さとう 大さじ1

【作り方】

記事画像

1: 昆布と水を鍋に入れ、弱~中火の真ん中くらいにかける(沸騰するまで4、5分かかる程度)。

記事画像

2: 鍋が沸騰するまでの間に野菜を切る。白菜はざく切りにし、にんじん、長ねぎは薄切りにする。

記事画像

3: 鍋が沸騰したら火を弱火にしてAの調味料を加える。

記事画像

4: 鍋に2の野菜を加えて中~強火にし、くたっとするまで煮る。

記事画像

5: 豚肉を広げて1枚ずつ入れていく。豚肉の色が変わったら出来上がり。
※野菜が煮えたら、食卓にコンロを出して鍋を弱火にかけ、豚肉をしゃぶしゃぶしながら食べても良い。
※肉は豚肉の他、薄くそぎ切りにしたささみでも美味しい。

栄養満点でダイエットも助ける豚肉を味わう

豚肉には、脂肪燃焼効果のあるカルニチンが豊富に含まれているので、ダイエットの助けにもなってくれる優れもの。
脂が若干多めですが、しゃぶしゃぶにすることで、だいぶ落とすことができます。

野菜を切って煮るだけと手早くできる料理なので、忙しい夜のご飯にもピッタリです。

■過去の料理はこちら

著者プロフィール

記事画像

■りんひろこ
料理研究家、フードコーディネーター。京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。

この記事に関連するキーワード