メニュー

2021.03.20

捨てすぎに注意!「ゆるミニマリスト」への道を探ろう

kencom公式:ライフオーガナイザー® ・門傳奈々

記事画像

「ものを捨ててスッキリ暮らす!」などの『捨てる』ことにフォーカスした片づけの方法を目にする機会も多い昨今。

「私も捨てなくちゃ!」「スッキリ暮らすためにまずは捨てなくては!」などと慌ててものを処分した結果、「あれ、捨てなきゃよかった…」「捨てすぎた…」と後悔したことはありませんか。

一度、捨てすぎて後悔した経験があると、ものを捨てることが怖くなり、ものを抱え込んでしまう方もいらっしゃいます。自分にとって丁度良いものの数はどのくらいなのかを考え、捨てすぎない「ゆるミニマリスト」を目指してみませんか。

「ミニマリスト」に向く人、向かない人

記事画像

ものを極端に減らし、その中で暮らす「ミニマリスト」。

がらんとした部屋で、パソコン、布団、最低限の洋服で暮らす人をテレビなどでも目にしたことがあるのではないでしょうか?身の回りのものをそぎ落としていった結果、最低限のものだけで暮らせることに気がつき、その暮らしが心地よいと感じた人が「ミニマリスト」として暮らしています。

身の回りのものが少ないことの利点は以下の事柄です。

・片づけに時間がかからない
・ものの選択に時間がかからない
・お金がかからない、など

利点は分かっていながらも、誰でも「ミニマリスト」になれるとは言えないでしょう。なぜなら、心地よい空間は人それぞれだからです。ものの持ち方や持ち数も人それぞれで異なります。

目指すは「ゆるミニマリスト」

記事画像

ものを減らしすぎなくても、ストレスを感じない心地よい暮らしは手に入ります。まずは、以下のポイントに注意して今の暮らしを見つめるところから始めてみましょう。

・今の暮らしで感じているストレスは何か?
・ここはキープしたいと思う部分は何か?
・もう少し改善できるところは?
・最低限ここだけは変えたい、これは手放したい、というものは?

暮らしを見つめ直し、ストレスを感じる部分や問題点を書き出してみるだけでも、明日からの暮らしが少し快適になる気がしてきませんか?今の暮らしを見つめる時に意識したいのが「完璧でなくても大丈夫」「人と比べなくても大丈夫」「人の真似をしなくても大丈夫」ということ。

あなたが感じる心地よさを追求していきましょう。

「捨てる」からスタートしない片づけ方法とは?

片づけというと「ものを捨てること」や「ものをしまいこむこと」と勘違いしている方も多いのですが、まずは「片づけのゴール」を決めることが片づけの第一歩です!

記事画像

まずはゴールを決める

上記で今の暮らしを見つめ直した時に出てきたキーワードが片づけ方のヒントになります。

例えば、以下のようなキーワードが出てきたとします。それぞれから片づけのゴール設定のためのヒントが浮かび上がります。

・スッキリ暮らしたい
・ごちゃごちゃがストレス
・テーブルの上のものがもっと減ったら良いのに!
・思い出の品は捨てたくない

・「スッキリ」→ ものの持ち数や置き方を変える必要がある
・「ごちゃごちゃ」→ ものの点在を1箇所にまとめる
・「ものが減ったら良い」→ 置き場所を考える、ものの数を見直す
・「捨てたくない」→ 保管場所を決める

この場合の片づけのゴールは「ものの住所を決めて配置する」ということになります。

ゴールが決まったらスケジューリングを

片づけのゴールが決まったら、ざっくりと片づけのスケジュールを組んでみましょう。ここで「面倒くさい」と思ってはいけません!計画を立てないと、片づけが中途半端に終わる可能性大なのです!!スケジュールを立てる時のポイントは以下の通りです。

・どこを片づけるのか
・いつ片づけるのか
・いつまでに片づけを終わらせるのか

この3つをざっくりと決めておくことです。例えば、リビングを片づける場合は、「いつ:家族がいない(少ない)日にち」、「時間帯:○月○日10時から」「いつまでに:〇月末までに」といった感じで決めておくだけでも片づけの「やる気スイッチ」が入りますよ!

「片づけの4ステップ」を意識する。場所別のポイントを解説

「いざ片づけ開始!でもどう片づけすれば良いの?」そんな方には、以前の記事でも紹介した片づけの4ステップを意識して片づけることをおすすめします。

記事画像

意識したい「片づけの4ステップ」

・ステップ1 収納場所からものを全部出す
・ステップ2 分ける(使用目的、使用頻度別)
・ステップ3 収める(使うものだけ)
・ステップ4 見直す、維持する(時間が経って乱れてきたら見直す)

リビングの片づけポイント

記事画像

家族が集まる場所なので、ものが自然とたまりやすい場所です。片づけのポイントは「ものの住所を決める」こと。爪切りやハサミなどの雑貨、日用品などは引き出しなどに住所を決めて、家族のだれでも出し入れできるようにしましょう。

家族が脱いだ洋服もたまりやすいですね。家族のものは家族にも協力してもらい、戻しやすい場所に定位置を決めてあげましょう。

クローゼット

記事画像

洋服の整理も頭を悩ませますね。一般にクローゼットは8割程度の収納だと出し入れしやすいと言われていますが、手のひら程度のすき間があれば良いでしょう。これを目安に洋服の数を見直してみましょう。洋服の数の見直しは衣替えのタイミングを活用するとスムーズです。

キッチン

記事画像

キッチンは作業効率を考えた収納にすることが大切です。そのため、取り出しやすい位置によく使うものをしまうように心がけてみましょう。火元で使う鍋やフライパンはコンロ下に、水回りで使うアイテムはシンク下にと、使う場面と動線を考えて収納場所を決めることがおすすめです。

バス・トイレ

記事画像

日常的に使うものから、日用品のストック品まで小さな場所に様々なものを収めるのがバス・トイレです。

小さな場所に効率よくものを収納するには、コの字ラックや収納ボックスを上手に活用するのが良いでしょう。収納場所の採寸などが面倒かもしれませんが、一度収納の「仕組み」を作ってしまえばあとは綺麗にスッキリ収めることができますよ。

難しいと感じたら、片づけ業者にコツを学ぶのも◎

記事画像

具体的な片づけ方法をご紹介してきましたが、「私にはできそうにない」「やっぱり面倒」と感じた方はいらっしゃいませんか?

片づけは気力・体力を使います。片づけの現場で出会うお客様たちは、みなさん口を揃えて「体も頭も疲れました」と言われます。いるもの・いらないものの取捨選択や、収納場所の確保とサイズ感の確認、ものの移動など、片づける場所の大きさによって1日がかりの大仕事になることもありますね。

だからといって「私には無理。だからこのままでいい」とは思わないでください。片づけた先に理想の暮らしがあるとわかっているのに行動しないのはもったいないです。

片づけを自分で行う自信のない方は、お金はかかりますが、一度ライフオーガナイザーや整理収納アドバイザーといった片づけのプロに片づけを依頼したり、家事の行業者に依頼すると良いでしょう。

一番ハードルの高い最初の片づけをプロに依頼して、プロの片づけからコツを学んでみてください。コツさえ掴めれば、2回目からは自分で片づけることができるようになるでしょう。

私だけの「心地よさ」のラインを見つけて

記事画像

年代や家族構成、住まいの大きさ、ものの数などによって片づけも千差万別です。その中で自分に見合った暮らし、自分が心地よい暮らしを見つけることは自分が行動することで叶います。人の真似ではない、アナタらしい快適な暮らしが見つかるといいですね。

▼門傳さんの過去の記事もチェック!

著者プロフィール

記事画像

■門傳奈々(もんでん・なな)

ライフオーガナイザー®、メンタルオーガナイザー®︎、整理収納アドバイザー1級。夫と3人の子どもがいる5人家族。夫の転勤に伴い、中東、インドなどで海外生活を送った後、日本に帰国。「片づけが苦手」だった自分の経験を生かし、だれでも簡単に整理できる収納方法を提案するため、個人宅を訪問しお片づけのお手伝いをしたり、お片づけ講座、お片づけお悩みシェア会などを開催。

この記事に関連するキーワード