メニュー

2021.03.03

一人花見の友・一口焼き3色おにぎり【安心ごはん#5】

kencom公式:料理研究家・りんひろこ

記事画像

今年ももうすぐ桜の季節ですね。
しかし、従来の桜の木の下に集っての宴会はできなさそうですね。新生活様式での花見は蜜を避け、家族だけなどの少人数で短時間で……ということになりそうです。

そこで今回は、短時間でもお花見をしたいという方におすすめの、3色焼きおにぎりをご紹介。一口大なので子供も食べやすく、大人のおつまみとしても喜ばれますよ。マスクを外してさっと食べることができる点も、新生活様式として大切なポイントです。

材料(2~3人分)

菜の花 4~5本
スナップエンドウ 5~6本

A(梅おかか)

ごはん 茶わん1杯強(200g程度)
おかか 1袋
梅しそふりかけ 小さじ1

B(鮭コーン)

ごはん 茶わん1杯強(200g程度)
鮭フレーク 大さじ3程度
コーン(缶詰) 大さじ2程度

C(菜の花ちりめん)

ごはん 茶わん1杯強(200g程度)
菜の花(きざむ) 2本程度
ちりめん山椒 大さじ2~3(20g程度)

ごま油 適量

作り方

記事画像

1.スナップエンドウは筋を取り、菜の花と共に熱湯で1分程度ゆでる。菜の花は2本をとりわけよく水気を絞り、「菜の花ちりめんおにぎり」用に刻んでおく。

記事画像

2.A、Cはそれぞれ混ぜ合わせる。Bのコーンはしっかり水気を絞ってからすべてを混ぜ合わせる。

記事画像

3.ごま油を手につけ、それぞれのおにぎりを小さめの一口大に握る。

記事画像

4.フライパン用のアルミホイルなどを敷いてその上におにぎりをのせ、中火のグリルで8~10分焼く。表面がカリッとしたら出来上がり。

記事画像

5.粗熱が取れたらラップで下半分をまいて、お弁当箱に1の菜の花やスナップエンドウと共に詰める。

※ラップで全体を包めば、紙袋などに入れても持ち歩ける。

おいしいワンポイントアドバイス

記事画像

3色の一口焼きおにぎりのうち、「梅おかか」と「鮭コーン」は子供も大好きな組み合わせですが、「菜の花ちりめん」は菜の花の苦みと山椒のピリリとした辛さが、おつまみにもなりますよ。

また、菜の花の苦みはイソチオシアネートという成分で、血液をサラサラにしたり、抗がん作用もあるといわれています。
外に花見に行けなくても、お家で花見気分を味わう時にもおすすめですよ。

りんひろこ

記事画像

料理研究家、フードコーディネーター
京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。

この記事に関連するキーワード