メニュー

2021.01.04

2021年ランニングをはじめたい人におすすめランニングシューズ7選

RuntripMagazine

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんが、テーマごとに選んだ2020年のおすすめシューズをご紹介。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

藤原さんに5カテゴリーから7シューズを選んでいただきました。なぜ走るのか目標を設定して、目的にあったシューズで走りましょう!

ダイエット/健康維持したい人向けシューズ

まず「ダイエットや健康維持のために走るなら」というテーマで選ばれた1足は、ニューバランス『フューエルセル プリズム』。軽くて、クッション性があって、靴下のようなフィット感のあるテンポアップシューズがおすすめ。走るモチベーションを高めてくれます。

【New Balance】フューエルセル プリズム

初心者でもランニングを続けやすいシューズが、ニューバランスの『フューエルセル プリズム』。レーシング寄りの軽いシューズで、テンポアップで楽しく走るのに向いています。軽量性・クッション性・フィット感といった初心者ランナーに嬉しい機能が揃っているのも特徴です。

短時間でトレーニングしたい人向けシューズ

「短時間でトレーニングするなら」というテーマでのおすすめは、ナイキ『フリーラン5.0』です。15分でもトレーニングの質を高めるのが大事。シューズのサポートが少ないので体に優しくない、自分の体の機能をうまく使うためのシューズ。普段履きやジムでも使えます。「短時間使うにはとてもいい、フィジカルを鍛えるシューズ」と藤原さん。

【NIKE】フリーラン 5.0

フレキシブルなソールにより “裸足そのもの” の履き心地を楽しめるのがナイキの『フリーラン 5.0』。サポートがないため短時間のランニングでも足を鍛えている効果を感じられ、ちょっとした時間でランニングを続けたい人におすすめです。

体重が重い人/幅が広い人向けシューズ

続いて「体重が重いランナー、足幅が広いランナー向けのシューズ」として選ばれたのは、アルトラ『トーリン4.5 プラッシュ』とトポアスレチック『ゼファー』。選び方としては、土台のしっかりとした、ソールが広いシューズがおすすめ。安定感と接地感のあるシューズが履きやすいでしょう。内側にガイドがあるのもポイントです。

【TOPO Athletic】ZEPHYR(ゼファー)

足型が広いランナーにおすすめの『ゼファー』。接地感がしっかりと感じられ、推進力をもたらしてくれます。樹脂プレート入りのテンポアップランシューズですが、長距離での使用にも向いています。

【ALTRA】トーリン4.5プラッシュ

柔らかいクッションと快適なホールド感がしっかりと走りをサポートしてくれるのが『トーリン4.5プラッシュ』。ウルトラマラソンにも対応するほど、耐久性も高いシューズです。

幅が狭い人向けシューズ

「足幅が狭いランナー向けシューズ」としておすすめは、サッカニー『エンドルフィン シフト』とホカオネオネ『クリフトン7』。ソールが上から見えるような細めで、幅面が少ないシューズを選ぶと良いでしょう。アメリカのブランドはすっきりとした厚みのないものも展開されているそう。そして、踵がフィットすることが大事です。

【HOKA ONE ONE】クリフトン7

柔らかくて軽いことが特徴のクリフトンシリーズですが、前作からさらなる軽量化を実現したのが『クリフトン7』。マシュマロクッションがもたらす快適な走り心地だけでなく、履き口周りのアンクルパットがアキレス腱にかかる圧力を軽減してくれます。

【SAUCONY】エンドルフィン シフト

300gを下回る軽量でありながら安定性に優れた『エンドルフィン シフト』。スピードロールテクノロジーが搭載され、着地から蹴り出しまでの動力を効率的に推進力へと変換。クッショニングモデルとして人気のシューズです。

レース出場の目標を持っている人向けシューズ

「レース出場の目標があるランナー向け」として選ばれたのは、ナイキ『エア ズーム ペガサス37』とホカオネオネ『クリフトン7』です。「大会が目標なら、スタンダードな履き分けをして欲しい」と藤原さん。走りの習熟度によってシューズの種類を増やしましょう。ガイドやクッションがあり、屈曲が少なめで、前方への誘導感があるシューズを使えば、達成感が得られます。走りやすいのはドロップがあるタイプですが、運動経験のある方はフラットから始めてもOK。

【NIKE】ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ナイキのロングセラーモデル『ナイキ エア ズーム ペガサス 37』。フィット感・安定感・軽量性といった機能のバランスが優れていて、初心者からシリアスランナーまで、幅広いランナーにおすすめのシューズです。

藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

記事を書いた人  Runtrip編集部

記事画像

【合わせて読みたい】