メニュー

2020.11.07

思わず動きたくなる!この秋冬に履きたいシューズはどれ?

kencom公式ライター:鹿嶋早由里

日に日に日足が短くなり深まる秋を感じますが、暦の上では冬がスタート。カラットした空気が心地よい今は、散策やスポーツを行うのにぴったりの季節です。落ち込みがちな気分を発散させる方法としても、三密を避けながらできるスポーツとしても、ウォーキングやランニングはオススメの軽運動です。

そこで今回は人気メーカーのイチ押しスニーカーをご紹介。新しいスニーカーを履いて、秋冬の運動を軽やかに楽しんでみませんか?

※以下の価格は、すべて税込表記です。また2020年10月時点のものです。売り切れになる可能性もありますのでご容赦ください。

ベストセラーシューズがバージョンアップして登場!

ホカ オネオネ/CLIFTON 7

記事画像

独自の機能性とデザイン性で、唯一無二のランニングシューズを生み出しているHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)。なかでも多くのファンに愛されているベストセラーモデル「CLIFTON」にバージョン7が登場しました。

“柔らかく軽い”という「CLIFTON」の特徴をさらに高めて、前バージョンから約8gの軽量化を実現(27㎝の場合)。

快適な走り心地を維持するソールの機能はそのままに、オープンエンジニアードのサンドイッチメッシュ素材のアッパーを新たに採用することで、通気性を向上させました。ホカオネオネならではの極上の走り心地とクッション性を試してみませんか?

記事画像

¥17,600(お問い合わせ先:デッカーズジャパン 0120‐710‐844)

クラシックさが魅力!人気デザインの復刻モデル

アシックス/GEL-LYTE Ⅲ OG

記事画像

1990年に作られたアシックスのランニングシューズ「GEL-LYTE Ⅲ」の発売30周年を記念して、タウンユース向けのスポーツスタイルシューズとして生まれ変わった復刻モデル「GEL-LYTE Ⅲ OG」が発売されました。

アシックスの競技用シューズの多くに採用されている衝撃緩衝材「GEL(ゲル)」による優れたクッション性を維持しながら、当時主流だった厚底を、ベロ部を縦に大きく2分割することで甲を包み込むようにフィットさせる独自構造「スプリットタン」を採用したのが「GEL-LYTE Ⅲ」の特徴。当時はあまりの斬新さと機能性で話題になりました。

90年代らしいクラシックな色合いが令和では新しく感じさせ、愛着が持てそうな一足です。カラーバリエーションも豊富なので、自分好みのデザインを探すのも楽しみの一つになりますね。

記事画像

¥6,490~16,500(お問い合わせ先:アシックスジャパン お客様相談室0120-068-806)

日本の職人技術で生み出す洗練された一足

スピングルムーヴ/SPM-278

記事画像

日本の靴職人が一つ一つ手仕事で仕上げることで知られるスニーカーブランド「スピングルムーヴ」。パリ・ミラノコレクションに起用されるほどのデザイン性の高さが人気ですが、魅力は他にも、型崩れしない、ソールが剥がれにくい、屈曲性に優れている、踵が固定され長く歩いても疲れにくい、など機能面でも高く評価されています。

10月に発売された「SPM-278」は、スムーズレザーとベロアのコンビでアウトドアテイストを表現した新デザイン。

踵飾りに入れられたキャメルのレザーが差し色になっており、カジュアルファッションにも合わせやすい一足です。色はホワイト・ネイビー・オリーブの3色で、秋冬のコーディネートにも格好よく組み合わせられそうです。

記事画像

¥22,000(お問い合わせ先:スピングルカンパニー 0847-41-5609)

ワイルドさが魅力の新デザインシューズ

ニューバランス/ X-RACER UTILITY

記事画像

人気の「X-RACER」シリーズに、無骨と洗練の両立を叶えた"UTILITY"バージョンが新登場。アウトドアにぴったりのスポーティなテキスタイルと、シンセティックレザーアッパーをスタイリッシュにまとめた一足で、落ち着いた色合いがコーディネートの邪魔をしません。

耐摩耗性に優れたトゥガードや着脱しやすいシリコン製のヒールタブ、泥除けなどワイルドに使えそうな点も嬉しいポイント。全5色をユニセックスサイズで展開しています。

記事画像

¥12,980(お問い合わせ先:株式会社ニューバランスジャパン 0120-85-0997)

秋風と紅葉を楽しみながら、ウォーキングでストレス発散!

高い空を見上げつつ、深まる秋を感じながらのウォーキングやランニングは、鬱々としがちな気分を開放してくれます。Withコロナが日常と化してしまった今だからこそ、開放的な気持ちで過ごせる時間を確保したいものです。お気に入りの一足を見つけに、まずは靴屋さんに向かうところから始めてみてはいかがでしょうか?

著者プロフィール

■鹿嶋早由里(かしま・さゆり)
広告制作会社のディレクター及びライターとして、レジャー・美容・ブライダル・採用広告・カタログなどあらゆる分野の企画・編集・制作に携わる。女性向け広告を中心に担当してきた10余年の経験を制作に活かす。

この記事に関連するキーワード