メニュー

2020.09.02

【管理栄養士が本気で選ぶ!】ダイエット中でも安心の大満足レシピ4選

ダイエットプラス

あなたは「低カロリー」という言葉に、どんなイメージを持っていますか?「身体には良いけど味はイマイチ?!でもダイエット中だから仕方ないか…」そんな声が聞こえてきそうですね。しかし、実は決してそんなことはないんです!今回は、おいしくて栄養満点の低カロリーレシピを、管理栄養士の視点からご紹介していきます♪

100kcal以下のメニューを意識したいシチュエーションって?

◆ちょっと小腹がすいたとき
食事の間隔が空いてお腹が空くと、集中力がなくなってしまいます。それでも我慢して何も食べずにいると、次の食事で食べ過ぎてしまうかもしれません。そんな時は上手な間食を取り入れることで、血糖値の急激な上昇を抑えてダイエットを成功に導くことができるのです!

◆つい食べすぎてしまった後
飲み会、特別なお祝い事、ストレスでドカ食い…そんな時だってありますよね。食べすぎた後は、身体に優しい低カロリーメニューで、自分をいたわってあげてください。2~3日かけてゆっくり調整していけば、体重増加を防ぐことができます。

◆ちょっと太ってきたな…と思うとき
「最近ちょっとスカートがキツイかも」「太ももがパンパン?!」そんな時、気にしすぎて欠食すると、逆に脂肪をため込みやすい体質になってしまいます。100kcal以下のメニューで、我慢せずに美味しく体重コントロールしていきましょう。

管理栄養士おススメのヘルシーレシピ

ブロッコリーのカッテージチーズあえ(96kcal)

ブロッコリー、トマト、カッテージチーズの組み合わせで、低カロリー・高たんぱく質の一品です♪食物繊維が豊富で、血糖値の急上昇を防ぎます。レモン果汁を加えることで酸味が引き立ち、サッパリといただくことができます。見た目も華やかなので、副菜の一品に是非いかがでしょうか?

簡単♪きのこたっぷりスープ(29kcal)

つい食べ過ぎてしまった…と落ち込むこともありますよね。そんな時は、きのこたっぷりのスープでホッコリしませんか?豊富な食物繊維のチカラで腸内環境を整えられるうえに、体重コントロールにもつながります。電子レンジでチンして、お湯をそそぐだけの簡単スープ。秋にお勧めの一品です♪

さつまいもとかぼちゃのヨーグルトサラダ(85kcal)

秋の味覚のさつまいもとかぼちゃのサラダです♪使うマヨネーズを半分にした分、代わりにヨーグルトを代用すれば、ぐっとカロリーカットにつながります。調理方法や味付けを工夫することで、ヘルシーなのに満足感があるものを作ることができますよ☆

おでん(100~300kcal)

ちょっと小腹がすいた時、おでんは大変オススメです。便利なコンビニでも手軽に買えますね。こちらのレシピでは300kcal程ですが、具材を選べば、ぐぐっとカロリーを抑えることができますよ。間食は100~200kcalが目安になるので、カロリー表示を見る習慣をつけるとGOODです♪

まとめ

いかがでしたか?100kcal以下でも、おいしくて魅力的なレシピは沢山あります。今回ご紹介したレシピを、ぜひ一度お試しくださいね♪

(著者:高橋直子 (管理栄養士))

記事画像

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します