メニュー

2020.06.12

【夏に間に合う!】引き締め効果バツグンな「腹トレーニング」のやり方

ダイエットプラス

身体の中で気になる部位の代表と言えば、お腹。スッキリとした下腹やくびれたウエストは女性の憧れですね。しかし、ダイエットをしてもお腹まわりのお肉がなかなか落ちない…とお悩みの方も多いのでは?そこで今回は、お腹全体の引き締めに効果的な「腹トレーニング」について、解説いたします!

「腹トレーニング」を行うメリット

手軽にできて、お腹全体の引き締めに効果的!

「腹トレーニング」はお腹全体を引き締めるのに効果的です。お腹は脂肪がつきやすくたるみやすい部位なので、しっかりとお腹の筋肉を鍛えておくことが大切です。

お腹の筋肉トレーニングといえば腹筋ですが、今回紹介するトレーニングは一般的な腹筋ほどきつくないので、運動が苦手な方や筋力が弱い方でもおこなうことができます。また、タオルやボールなど自宅にある道具だけでOKな点も嬉しいですね。

腰や首への負担が少ない!

一般的な腹筋は、寝た状態から上体を起こすことでお腹の筋肉を鍛えます。しかし、そういった動作は腰や首に負担がかかりやすく、痛みの原因になってしまう可能性もあります。

今回紹介する「腹トレーニング」は、体育座りの状態から上体を下ろしお腹の筋肉を鍛えるトレーニングなので、腰や首への負担が少なく、腰痛や首の痛みが気になる方でも無理なく実行できます。

腹トレーニング(ロールダウン)の手順とポイント

手順1

両膝を立てて座り、膝の間にボールかタオルを挟み、両腕を前に伸ばし、背筋を伸ばす。

手順2

息を吐きながら背中をまるめ、ゆっくり後ろに下がる。

手順3

両手が膝のあたりに来たら止まり、息を吸いながら戻す。

ポイント

・ひとつの動作は4秒かけて行いましょう。
・10回×2セット行いましょう。

まとめ

薄着の季節に向けてお腹を鍛えよう!

いかがでしたか?
自宅で手軽に、運動が苦手な方でも実行できる腹トレーニングは、無理なくお腹まわりを鍛えることができます。腹トレーニングを継続し、憧れのスッキリお腹を手に入れましょう!

(著者:藤井 歩 (管理栄養士))

記事画像

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します