メニュー

2020.05.28

ペットのコロナ感染「防ぐ人・防げない人」の差|大事なのは「ペットの預け先」を見つけること

東洋経済オンライン

愛するペットのコロナ感染を防ぐにはどうすればいいのか?(写真:Pangaea / PIXTA)

参照元:https://toyokeizai.net/articles/-/347368?utm_source=deschl&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=article

愛するペットのコロナ感染を防ぐにはどうすればいいのか?(写真:Pangaea / PIXTA)

新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるための努力が功を奏し、徐々に感染者の報告数は減少しているが、第2波に備えるための対策が議論され始めている。

このような状況下で、ペットの飼い主が心配するのは「自分が感染してしまったら、ペットをどうすればいいのか」「ヒトからペット、あるいはペットからヒトに感染することはないのか」ということだ。

5月26日時点で、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センターの集計によると、全世界で540 万人を超える感染者が確認されている。

一方、ヒトの感染者数に比較すると極僅かではあるが、飼い主から犬や猫に感染したケースが数例あり、動物園では大型ネコ科動物への感染も報告されている。

東京都獣医師会 危機管理室 感染症対策セクションでは「様々な報告によると、飼い主とペットとの接触の仕方や、過密な状態での多頭飼育等、生活環境の条件によっては、ヒトからペットへの感染の可能性はあるとされていることから、飼い主が新型コロナウイルスに感染した場合には、ペットの世話を家族や知り合いに依頼するなどするほか、家庭内でもできるだけ感染者とペットとの接触は避けるよう工夫することが望まれる」と注意喚起している(※1)。

※1 新型コロナウイルス感染症とペットを含む動物への感染に関する情報は、日々更新されており、東京都獣医師会HPでは、5月23日付で最新の情報を発信している。

どうすれば「ペットの感染」防げる?

東京都獣医師会によると、「ペットの感染を防ぐには、まず飼い主が感染しないこと」としている。

しかし実際問題として、飼い主が新型コロナウイルスに感染した場合、一緒に暮らすペットに感染しないようにする対策はあるのだろうか?

感染者である飼い主からペットへの感染を防ぐ対策の1つとして、東京都獣医師会が提案しているのが「信頼できる人に預ける」という方法だ。そうすれば、飼い主が病院に入院することになってもペットの心配をする必要がなくなる。

では、その際、ペットの受け渡しをどう行えばいいのだろうか? 飼い主のこうした不安に応え、東京都獣医師会では具体的な引き取り方法についてHPで情報を発信している。今回、より詳しい対処法について取材した。

まず、基本的な知識として知っておきたいのは、感染した人が住んでいる環境には大量のウイルスが存在しているということだ。家具などはもちろん、飼い主と同じ環境にいたペットの体表にも大量のウイルスが付着していると考えられ、犬や猫などが感染している可能性もある。

当然、その部屋に入室した人やモノにもウイルスは付着し、人の場合には感染する危険性が高くなる。ペットホテルや知り合いに預けるにしても、ペットを引き取りに行く人は、感染している飼い主との接触を避けることが鉄則だ。

そのためには、玄関の外にペットを入れたキャリーケースを置き、感染している人とは対面せずに、ペットを預け先に連れて行くという方法が最良といえる。具体的にはどうすればいいのか、以下に説明する。

【感染者と預かり側が対面せずにペットを引き渡す方法】

1) 引き渡しに当たって、飼い主の玄関前での引き取りの時間を事前に決めておく。

2) 飼い主は、引き取り時間までにペットをキャリーケースに入れておく。その際、キャリーケースの中、外回り、持ち手などを消毒する:0.05%に薄めた次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤:製品の濃度が6%の場合、水3Lに液を25ml入れたもの)を含んだ布で拭いた後、塩素を拭き取るために再度、水拭きする。首輪、リードなども消毒しておく。

預かり側は「簡易防護服」を用意すること

3) 預かり側は、a.マスク、b.手袋、c.メガネ(ゴーグル)、d.ガウンなど身体を覆うことができ、破棄できるもので代替可。未開封の使い捨てレインコートでも代替可 (※2)。e.大きなビニール袋3 枚を用意する。車での移動の場合は、キャリーケースを載せるスペースにビニールシートを敷いておく。

※2 使い捨てレインコートなどを着用する際には、ボタンが後ろにくるよう前後逆に着ると、正面からのウイルスの付着を防ぐことができる。レインコートを脱ぐ際には、背中のボタンを引っ張り、汚染面が身体や手指に触れないように慎重に脱ぐ。使い捨てレインコートなどがない場合は、雨カッパでも代用できるが、身体を汚染しないように着脱するのがむずかしいので、より慎重に脱ぐことが大切。

4) 飼い主宅に到着したら、3)のa、b、c、dの防護服を装着する。

5) 預かり側は、玄関に行く前に電話で到着を知らせる。

6) 飼い主は、ペットの入ったキャリーケースを玄関前に置く(飼い主と預かり側は、顔を合わせて会話をしないこと)。

7) 預かり側がペットの入ったキャリーケースの持ち手、外回りを次亜塩素酸ナトリウム(0.05%に薄めた家庭用塩素系漂白剤)を含んだ布で拭く。

8) 持ち手以外を触らないように注意し、車まで運ぶ。

9)車内のビニールシートを敷いた場所にキャリーケースを置く。

10)預かり側は、車に乗る前にa、b、c、d)を脱いで、eのビニール袋を二重にし、その中に入れる(使用後は、それらを消毒するか廃棄する)。すぐに手指を消毒する。

11)キャリーケースの上にビニール袋をゆるくかける。その際、キャリーケースの中のペットが窒息しないように注意する。

12)預かり側の自宅に到着したら、ペットの体表などを介して預かり側が感染しないよう、ペットをシャンプーする(※3)。その場合もa、b、c、dの防護服を装着する。

※3 AVMA(アメリカ獣医師会)によると、飼い主のくしゃみや咳で飛び散った唾液などがペットの被毛に付着したとしても、唾液などの水分が被毛に吸収され、ウイルスも毛に吸着されるため、感染しにくくなり、シャンプーの必要はないとしているが、東京都獣医師会では、さらに慎重を期すためにシャンプーを行うよう提案している。

シャンプーの際は、お湯の出る勢いを弱くして、毛に当たったお湯が自身や周りに飛び散らないように注意する。ていねいにお湯で流し、シャンプーした後、ドライヤーで乾かす(ペットを拭いたタオルは家庭用洗剤で洗濯可)。

すべての行程が終了したら、防護に使ったものを外す(使用後は、それらを消毒するか廃棄する)。

猫の場合、シャンプーがむずかしいようなら、クロルヘキシジン水(0.05%:商品名「ヒビテン液」「ヘキザック液」など)で拭いてもOK。その際にはエリザベスカラーを装着して猫がなめないように注意する。その他、次亜塩素酸水(0.02%)などで清拭するのも効果があるといわれている(※4)。

※4 次亜塩素酸水(塩素系漂白剤の「次亜塩素酸ナトリウム」とは異なるので、要注意)」は、塩酸または塩化ナトリウム水溶液を電気分解することで得られる液体。殺菌効果があり、食品添加物として認可されており、身体に使っても安全とされている。

【預かり後は14日間の隔離】

ペットをシャンプーすると、体表のウイルスは除去されるか、あるいは不活性化するが、ペットの体内にウイルスが存在していることも考えられる。そのため、預かり側は、そのペットとの接触を最低限にとどめる(フードや水やり、ペットシートの交換、時折様子を見る)必要がある。

使用済みのペットシートは、ウイルスが付着している可能性もあるので、すぐにビニール袋に入れて廃棄する。

これまでの報告によると、飼い主からペットに感染した場合でも、猫では14日間程度でウイルスが検出不可能なレベルに下がることがわかっている。したがって、少なくとも14日間は別室に隔離しておくことが肝要だ。その間にウイルスが排出され、その後は通常の生活に戻ることができる。

隔離している場所は、次亜塩素酸ナトリウム液(0.05%)などで消毒する。

【自宅療養で飼い主が世話をする場合】

飼い主が感染しても症状が軽い場合は、自宅療養となる。ペットを自宅で世話する際には、ペットにウイルスが感染しないよう、濃厚な接触を避けるほか、フードや水やり、ペットシートの交換の際にはマスク、手袋をつけるようにする。

飼い主が感染している場合は、外出できないため、犬の散歩も控える必要がある。自宅療養となっても、症状が急変することもあるので、飼い主の感染が確認されたら、ペットの預け先を探し始めることが重要だ。

預け先が見つからない場合には、まず、かかりつけの動物病院に相談する。かかりつけの動物病院がない場合は、地域の獣医師会に相談するといいだろう。

濃厚接触は控えること

いずれにしても、飼い主が感染しないことが肝要だ。普段からペットとの濃厚な接触(犬や猫などからのキス、飼い主の顔をなめる、お皿を共有する)は控えることが望ましい。新型コロナウイルス感染症に限らず、人と動物との共通感染症から身を守るためには必要なことである。

この時期、犬を散歩させるときは、人の少ない時間帯を選び、人混みを避けたルートを選ぶといいだろう。飼い主同士の立ち話や通行人と犬との濃厚な接触は避けるなどの配慮も必要だ。

帰宅時には手洗いなどの感染予防対策を怠らないこと。そのうえで、ペットとの時間を大切にすれば、不安な日々の心の支えになるはずだ。

記事画像

佐久間 真弓:フリーライター

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します