メニュー

2020.04.25

外出自粛の今!おうちトレーニングでストレスも運動不足も解消!

kencom公式ライター:鹿嶋早由里

記事画像

新型コロナの感染拡大を防ぐため外出自粛を余儀なくされた今、心身ともにストレスを感じている方が多いのではないでしょうか。

運動不足で身体がだるい、テレワークで肩や腰が痛む、間食が増えてぽっちゃりしてきた…。そんな方々に特におすすめしたいのが、上・下半身の筋肉を効率的に鍛えるトレーニングやヨガのポーズ。おうちで気軽にできるので、毎日の習慣として筋トレを取り入れれば、家の中でも運動不足や体の不調がスッキリ解消、気になるぜい肉も落とすことができますよ!

筋トレの王道「腕立て伏せ」が、徐々にできるようになる4ステップ

記事画像

「筋トレ」といえば「腕立て伏せ」と即答できるほど、王道トレーニングのひとつです。しかしいざチャレンジするとかなりキツく、続けるのはなかなか難しいですよね。腕立て伏せによって鍛えられる部分は、実は腕よりも大胸筋がメイン。大きい筋肉なので、よりカラダ全体の代謝を上げやすいと言われています。

こちらの記事では、正しい腕立て伏せができるようになるための4つのステップをご紹介。徐々にステップアップしていく楽しさが味わえますよ!

▼詳しくはこちら!

たるんできた二の腕とお腹をまとめてシェイプアップ!

記事画像

「あれ、ちょっとやばいかも…」と気づきやすいのが二の腕とお腹のたるみ。身体を動かすことが減ると、どうしても筋肉は落ち、たるみに繋がってしまいます。

とはいえ、いきなりガッツリ筋トレはなぁ…という方におすすめなのが、こちらの「テレビを見ながらでもできるヨガポーズ」。二の腕とお腹の2部位をまとめて鍛えることができる上に、肩まわりをコリをほぐす効果もあるため肩こり対策にもなります。
一見大変そうですが意外と簡単にできちゃうので、ちょっとした隙間時間などにぜひ取り入れてみてください!

▼詳しくはこちら!

ながらでOK!つまめる脇腹肉とサヨナラしよう!

記事画像

一度ついてしまった脇腹のぜい肉は、コンスタントにトレーニングを続けなければ、なかなか落ちてくれません。そこで、ちょっとした隙間時間にできるトレーニングをご紹介します。

テレビや音楽を楽しみながらできる運動「ベント・レッグツイスト」は、ゆっくり動かすことで負荷が掛かり、脇腹の筋肉を刺激してくれます。今から始めれば、夏にはきっとスッキリ引き締まったウエストになりますよ!

▼詳しくはこちら!

お尻をキュッと引き締めて、スリムなパンツを履ける体形に!

記事画像

「お尻がたるんで裏ももとの境目があいまいに…」「お尻がパンパンでスキニーなんて履けない…」。そんな方はぜひ今から引き締めトレーニングを始めましょう!お尻がキュッと上がっていると、スタイルカバーのパンツばかりを選ばなくても良くなりますよ!

ご紹介するのは、お尻が横に広がるのを防ぐ「サイドレッグレイズ」と、お尻全体を引き締める「ヒップリフト」。両方ともキツめのトレーニングではないので、気軽に続けられそうですね。

▼詳しくはこちら!

おうちトレーニングで、運動不足解消&気になる部分をシェイプアップ!

記事画像

家にいるばかりでは、どうしても運動不足や無気力になりがち。そこで暮らしのなかに簡単なトレーニングを組み込めば、一日にメリハリがつく上に運動不足も解消できて一石二鳥。日常生活に戻る頃には体形もスッキリし、人と会うのがより楽しみになれるという一石四鳥です!この機会にぜひ、習慣化させてみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

■鹿嶋早由里(かしま・さゆり)
専門学校卒業後、広告制作会社のディレクター及びライターとして、レジャー・美容・ブライダル・採用広告・カタログなどあらゆる分野の企画・編集・制作に携わる。女性向け広告を中心に担当してきた10余年の経験を制作に活かす。結婚を機にフリーとなり、現在はわんぱく男児を抱えるママライター。

この記事に関連するキーワード