メニュー

2020.03.30

【脱力系エクササイズ】-3kg減も目指せる「ばたばた体操」とは?

ダイエットプラス

ついつい間食したくなるのが…女子の習性。そんな生活が続いてしまえば、全身のお肉が気になりますよね。今回ご紹介する「ばたばたエクササイズ」は、全身をぶるぶる震わせるという「ちょっぴり笑える&全身の力が抜けて気持ちの良い」運動です。さらに、足やせの効果以外にも嬉しい効果がいっぱい! ぜひ実践してみてくださいね。

ぶるぶるさせるだけで簡単に足やせ?!

手足の力を抜いてぶるぶるばたばた

ばたばた体操のやり方はいたって簡単。ベッドのうえであおむけになった状態で、手足を床につけ力を抜きます。手足を上に上げて膝の力を抜き、ぶるぶるとひたすら動かすだけ。

だいたい30秒から1分程度が目安ですから、継続させるためにゆる~くおこなうのがポイント。朝と夜の一日二回がベストですが、始めは夜の一回から始めてみましょう。慣れてきたら、少し時間を長めにするとよいでしょう。

脱力を意識することが大切!?

ばたばた体操をおこなう上での注意点は、しっかり力を抜くことを意識しましょう。"運動"を思うとどうしても力んでしまったり、呼吸を止めてしまう方が多いのですが、筋肉に力が入り過ぎているとブルブルすることができず、効果も半減してしまいます。また、脂肪を燃やすためには体に酸素を取り入れることも必要なので、呼吸も忘れずに。

コツを掴むまでは難しいと思うかもしれませんが、一度慣れてしまえばとっても簡単。できる限り、リラックスすることがコツですから、目を閉じて実践してみるのもイイかもしれません。

むくみや冷え症の改善も期待できる!

特別な器具も必要なく、ベッドの上で簡単にできるエクササイズですが、足の血行も良くなりむくみを改善できる効果が期待できるそう。また、代謝も良くなるので、多くの女性を悩ます冷え症の改善にも役立ちます。

特に、毎日 デスクワークをしているという女性だと、足がむくみがちですよね。むくみを放置すると脂肪になりやすい…ともいわれますから、その日のむくみはその日のうちに解消しましょう!

脂肪が燃えやすい時期におこなって効果UP♪

ベッドのうえで「ゴロゴロ手軽に」できるのが魅力のばたばた体操ですが、女性の場合 月経中は控えたほうがよさそうです。腹筋のように直接 おなかに負担がかかる運動ではありませんが、子宮に近い下半身が振動するので、月経中はヨガや簡単なストレッチなど、ゆるやかな動きでリラックス効果が期待できる運動をおこなうのがおすすめです。

しかし、月経終了から2週間は“脂肪が燃えやすい時期”ともいわれているので、その分 思いっきりばたばた体を動かして、運動を楽しんでくださいね。

(著者:DietPlus管理栄養士 (管理栄養士))

記事画像

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します