メニュー

2020.04.13

指使いで歩きが楽に!?中村流ベターウォーキング

kencom公式:柔道整復師・中村雅貴

記事画像

新緑が気持ちいい季節、歩くだけでも気持ちがいいものです。せっかく歩くならキレイにカッコよく、しかも健康効果もたくさん得たいですよね。
本記事では、そんな贅沢な要望に応える歩き方を、歩きのプロフェッショナルとして活躍中の柔道整復師・中村雅貴先生に教えてもらいました。

そのコツは意外にも足指の使い方にあるそう。紹介したエクササイズを実践して、歩きのレベルをもう一歩上へ引き上げましょう!

歩くときは蹴り上げない!体重移動を重視した歩き方を目指そう

記事画像

歩きの初級編として気をつけたいのは全身を使うこと、足先の向き、足の幅(横)を意識することとご紹介しました。

ここでは、さらに一歩深掘りした歩き方として、疲れない歩き方をご紹介したいと思います。といっても、そこまで特別なことではありません。足指の使い方に気をつけるだけです。

足指を使うと聞くとまず想像するのが、踏ん張りを効かせて飛び跳ねるような動きであったり、蹴り上げるような動きでしょう。
歩く時にそんな動きをしては疲れてしまいますし、怪我の元になります。

そうではなくて、足裏にある縦横のアーチを潰さないように足指を地面につけていく意識をつけるトレーニングになります。
まずは足指に体重が乗るイメージをつけるためのエクササイズをしましょう。

足指のバランスエクササイズ

記事画像

①足刀部が腰幅になるように立つ。

記事画像

②右手を高いものをとるようなイメージで天井に向けて伸ばし、体重を右足かかと外側(スネの骨の延長線上)にかける。同時に左足は親指でやや内旋気味に蹴り出す。

③左右同様に繰り返す。10回程度。

※体重のかけ方を間違って、足の内側を浮かせてしまう人がいますが、そこまでやるとやりすぎです。

足指を意識して歩く

記事画像

エクササイズで身体をほぐしながら、左右の足に体重が乗るイメージを持てましたか?
その感覚を持ったまま歩くのが、足指を意識した歩き方となります。具体的には、足をついた瞬間に小指と親指の腹が地面にしっかりついているのを感じてください。

最近は、足に合っていない靴や、あまり歩かない生活習慣から小指が浮いてしまっているケースが見受けられます。
小指がどうしても浮いてしまう人は足指のバランストレーニングで行ったように、やや外側、足刀部分に体重が乗るようにつくといいでしょう。
このトレーニングは、その浮き指を整える効果もありますので、ぜひ続けてみてください。

また、この足指を使った歩き方を練習していると自分の歩きの悪い癖を修正できます。
例えば腰を振って歩いてしまっていたり、膝が曲がっていたり、背中が丸まっていたりするような場合には、うまく足指を使うことができないのです。ただ足指への体重のかけ方をコントロールするだけで、見違えるように姿勢と歩き姿が美しくなりますよ。

しかも、結果的にこの歩き方を身につけると、全身の筋肉も使えるので運動効果が高まります。筋肉が正しい方向に動かせるようになるので、身体も軽く感じる人が多いようです。

正しい歩き方でより健康を目指そう!

よい歩き方は、身体のバランスを整えてくれ、気持ちも元気にしてくれるものです。一方で、間違った歩き方をしていると骨格や関節などに歪みが現れ、怪我や不快感につながります。

よく歩くことで健康につながるのは間違いありません。ですが、気がつかないうちに自分の身体を痛めるような歩き方になってしまっていては不本意な結果を招くこともあります。
ぜひ、キレイで運動効果の高い歩き方を身につけて、毎日の歩きを楽しいものに変えていきましょう!

監修者プロフィール

記事画像

■中村雅貴(なかむら・まさたか)
柔道整復師。柔道整復師の父を持ち、自身も柔道整復師としてこれまで述べ5万人の身体を施術、身体づくりサポート。整骨院で三年間、整形外科で三年間勤め、整骨院では基礎的な身体のしくみや、リラクゼーション、テーピングの仕方を学び整形外科ではより詳しく整形外科的疾患のリハビリ方法や骨折の後療法を学ぶ。これまでの医療現場の経験を活かし、独自に「VCL/JAM」メゾットを考案。現在大手ジムでのコンサルや、スポーツトレーナーとのコラボレーションによるイベント開催、タレントによる体操本の監修等、幅広く活躍中。

この記事に関連するキーワード