メニュー

2020.04.13

どんな歩き方が効果的?押さえておきたい基本のキ

kencom公式:柔道整復師・中村雅貴

記事画像

筋トレからダイエット、美容に精神的なリフレッシュまで。歩くことには様々なメリットがあります。
そのメリットをしっかりと手に入れるためには、ちょっとした工夫が必要です。
今回も歩きのプロフェッショナルとして活躍中の柔道整復師・中村雅貴先生に、歩く際に気をつけたい基本のキを伺いました。

これさえ読めば、今日からしっかり歩けるかも。

まずはゆっくり、正確に歩くことを心がけよう!

記事画像

単に歩くだけでしたら何か不都合がない限り大体の方ができます。しかし、運動効果を高めながら歩くとなると、色々と気をつけるべきことがあります。
歩きの初級編として気をつけたいのは、全身を使って歩くように意識すること。さらに足を動かす際には足幅と足先の向きに意識を向けるようにしましょう。

まずは、腹筋を緩めて歩く際しっかり使えるようになるエクササイズから。

腹筋伸ばしエクササイズ

このエクササイズでは、腹筋と背筋を同時に伸ばしていきます。やってみると、すっきりと身体が伸びるのを感じる方が多いはず。
これは、普段座りっぱなしの人に多いのですが、座ったままの姿勢で腹筋が固くなり、背中が丸まっていたのを整えられているから。
腹筋と背筋の柔軟性が状態で歩くと上半身も使って歩けるようになります。

記事画像

①タオルを両手で持ったら足刀部が腰幅になるように立つ。その状態から足の指を握り、お尻の穴を締め、両手を上げる。

記事画像

②両手を上げて後ろにそって腹直筋をのばす。さらに少し左右に捻って、腹斜筋をのばす。

③姿勢を戻して、大きく鼻で一呼吸。呼吸がしやすくなっていたらうまく伸びている。

記事画像

膝が前に出て、腰をそりすぎると痛める原因になるので注意しましょう。
②〜③を5回程度、呼吸に合わせてゆっくりと行うと身体が伸びたのを感じるはずです。

歩く際のワンポイント

では、次に実際に歩く際の注意点をお伝えしていきます。初級編でこだわりたいのは姿勢の美しさです。
姿勢が良いまま正しい方向へ綺麗に筋肉を使うことを目的にしています。こうすることで運動効果を上げる下準備を整えてあげるのです。
この姿勢の美しさを生み出すのが、足先の向きと歩く足の幅(横)になります。

足先の向きは、正面です。足刀部が身体と平行になるように前に出しましょう。

記事画像

歩いている際の足幅は一本の線の左右を歩いていくイメージです。一本の線の上を歩くというと時々、綱渡りのように足をクロスさせようという人がいますが、それでは身体のバランスが悪くなります。あくまで、一本線の左右をキープです。内側に行き過ぎてもいけませんし、外側につき過ぎてもいけません。

記事画像

これに加えて、先ほどほぐした上半身についても下記のことを気をつけましょう。

1)鼻で大きく息を吸い、膨らんだ胸を維持するようにする。

2)目線は10m先で、平行よりも5度くらい上を見るつもりで歩く。ただし、顔ごと上にあげないこと。目だけ動かすのがポイント。

綺麗な姿勢で全身を使って歩こう

今回は全身を使った歩き方の基本をお伝えしました。
この歩き方は、運動効果もさることながら、非常に美しい歩き方になるのが特徴です。
ビシッと伸びた背筋からスッと出される足に、人は本能的に美しさを感じるのかもしれません。

また、最近お腹が出てきたと気にしている方にとっても、姿勢を正すことでお腹を目立たなくする効果もあります。
一度騙されたと思って、やってみてください。自分の綺麗な歩きに驚きますよ。

NEXT→基本から発展へ!運動効果を高める歩き方はこちらから

監修者プロフィール

記事画像

■中村雅貴(なかむら・まさたか)
柔道整復師。柔道整復師の父を持ち、自身も柔道整復師としてこれまで述べ5万人の身体を施術、身体づくりサポート。整骨院で三年間、整形外科で三年間勤め、整骨院では基礎的な身体のしくみや、リラクゼーション、テーピングの仕方を学び整形外科ではより詳しく整形外科的疾患のリハビリ方法や骨折の後療法を学ぶ。これまでの医療現場の経験を活かし、独自に「VCL/JAM」メゾットを考案。現在大手ジムでのコンサルや、スポーツトレーナーとのコラボレーションによるイベント開催、タレントによる体操本の監修等、幅広く活躍中。

この記事に関連するキーワード