メニュー

2020.01.07

【動画でトライ!】肩こりを和らげるツボ押し術

kencom公式ライター:木戸恵子

記事画像

長時間のデスクワークや重たい荷物を運んでいると、肩が張ったり、ゴリゴリにこってしまうこともありますよね。
そんな辛い肩こりを指一本で楽にするツボ『肩井(けんせい)』のについて、アスカ鍼灸治療院院長の福辻鋭記さんに教えてもらいました。

ツボの探し方や押し方は、ぜひ動画を参考にしてくださいね!

『肩井』ってどんなツボ?

肩のこりをダイレクトに刺激できるのが、『肩井』と呼ばれるツボ。
このツボを刺激すると、溜まっていた老廃物が排出されて血流がよくなります。
血流がよくなると、首から肩にかけての筋肉の緊張がほどけ、リラックスした状態に。
肩のこりも和らいでいきますよ。

動画を見ながらツボを押してみましょう!

場所はどこにある?

首を前に傾けると出てくる骨と肩先の骨を結んだ中間点の、やや盛り上がっている部分。
肩がこっている人は、ここを押すとにぶい痛みがあります。

ツボの押し方

中指を肩井に当て、息を吐きながら垂直に押し、一拍置いて息を吸いながらゆるめます。
痛気持ちいいと感じるくらいの強さで、左右それぞれ7~8回ずつ繰り返してください。
右肩のツボを押すときは左手で、左肩のツボを押すときは右手を使うとよいでしょう。

ツボを押しながら腕を7~8回前後に回すと、より効果的に肩のこりを和らげることができるので、合わせてやってみくださいね!

こりを感じたらすぐにツボ押しを!

記事画像

仕事中でも簡単にできる肩井のツボ押しで、辛い肩こりを少しでも和らげてくださいね。

その他のツボ押し術はこちら

参考文献

福辻鋭記『体が整うツボの解剖図鑑』(エクスナレッジ)

福辻鋭記(ふくつじ・としき)さん

記事画像

アスカ鍼灸治療院院長。日中治療医学研究会会員。
鍼灸にカイロプラクティックや整体を取り入れた独自の治療法が話題を呼び、TVに多数出演。
体の不調に限らず、ダイエットや美容、健康についても精通しており、さまざまな分野の書籍を出版。著書は60~70冊にのぼる。

著者プロフィール

■木戸恵子(きど・けいこ)
フリーライター。2007年から雑誌『AneCan』『Domani』『Oggi』などで執筆。
ほか、コスメブランドのホームページ制作や、Web媒体の執筆にも携わる。
ファッション、ライフスタイル、ヘルスケアなど、幅広いジャンルを担当。

この記事に関連するキーワード