メニュー

2019.12.27

おせち料理のかまぼこと数の子、塩分が多いのは?【管理栄養士がジャッジ Vol.2】

kencom公式:管理栄養士・長有里子

記事画像

今年も残りわずかとなりました。
今回は、お正月に欠かせないおせち料理の中身をジャッジしていきます。
新年を迎える前に、ぜひ頭に入れておいてくださいね!

おせち料理の中身をジャッジ!

記事画像

おせち料理は、それぞれの料理におめでたい意味やいわれがある日本の伝統料理です。
この伝統はぜひとも受け継がれていくべきものではありますが、少し意識しておきたい点があります。
それは、毎日忙しい主婦を正月三が日は家事から解放するという面も持つため、保存がきく料理が中心になっているということ。
そう、つまりは塩分が多いのです。

かまぼこと数の子、塩分が多いのはどっち?

記事画像

それでは、おせちのスタメンであるかまぼこと数の子、塩分が多いのはどちらだと思いますか?
味からして数の子だと思う人も多いかもしれませんが、実はかまぼこなんです!

代表的なおせち料理(1人分)で見てみると、塩分が多いランキングは以下の通り。

1位:かまぼこ(3cm分)1.5g
2位:昆布巻き(10cmのもの1本分)1.3g 煮しめ(150g)1.3g
3位:なます(80g)0.7g
4位:数の子(1本分)0.53月
5位:田作り(10g前後)0.4g

かまぼこが1位というのは意外ではないでしょうか? 
実は、あの弾力を出すのに大切な役割をしているのが、塩なのです。
ちなみに水産練り製品は、かまぼこの他にもさつま揚げやカニカマなど色々な種類がありますが、その中で一番塩分が多いのもかまぼこになります。

数の子ならたくさん食べていいの?

記事画像

ランキングを見ると、一般的には塩分が高いと思われがちな数の子は「あまり高くはないんだな」と思われるかもしれません。
でもこれは、他の料理の方がより塩分が高いのであって、決して数の子は塩分が低いわけではないのでご注意を。

また、かまぼこも全体的に見れば優秀な面も多々あります。
白身魚でできていることから、たんぱく質が豊富だったり、骨の健康や筋力にもかかわるビタミンDが豊富という利点も。

1日の塩分摂取の目安は男性は8g未満、女性は7g未満。※日本人の食事摂取基準(2015年度版)より
ですので、かまぼこも数の子も食べ過ぎには注意してほどほどに嗜んでくださいね!

おせち料理の賢い食べ方を紹介!

記事画像

おせち料理には普段なかなか口にしない食材や料理も多く、幅広い栄養素をとれるというメリットがあります。
ただし、伝統的なおせち料理は、1食で一日分の塩分をとってしまう可能性も…。

そこで、美味しく楽しいお正月を過ごすためにも、以下のことを意識してみましょう。

雑煮の汁は少なめに

雑煮の汁にも塩分は意外と含まれますので(2g程度)、最初から少なめによそうか、もしくはすべて飲み切らないようにしましょう。

野菜も一緒にとる

野菜に含まれるカリウムは、余分な塩分を排出する働きがあります。
おせち料理にサラダや海藻の酢の物をプラスしたり、雑煮に青菜を多めに入れたり、積極的に野菜をとるよう意識をしましょう。

正月三が日が終わったら、元の食生活に戻す

濃い味付けに慣れてしまうと、薄味が物足りなくなってしまいます。
ですが、三が日が終わったらリセット!
物足りないと感じても、醤油やソースのチョイ足しなどはせず、提供されたままの味を堪能して味覚を戻しましょう。

食生活が乱れがちな年末年始こそ気を引き締めて!

塩分が高い食事が続くと、生活習慣病の原因にもなりますし身体にも負担がかかります。
今日お伝えしたことを覚えておいていただきつつ、どうぞ健康面でもよいお年をお迎えください!

過去の『管理栄養士がジャッジ』はこちらからどうぞ

著者プロフィール

記事画像

■長 有里子(おさ・ゆりこ)
管理栄養士/sazukaru代表。
人気サイト「服部幸應先生の1週間ダイエットレシピ」の監修経歴、食と健康の総合ポータルサイト「イートスマート」立ち上げメンバー。サイトや書籍の栄養監修多数。現在はプレコンセプションケアにも力を入れている。

この記事に関連するキーワード