メニュー

2019.11.29

歯周病を防ぐ有効な方法は?予防法を大紹介【歯周病Q&A#2】

kencom公式ライター:森下千佳

記事画像

歯周病が悪いものとはわかっているものの、その予防法は?と聞かれるとなかなか思いつかないものです。
防ぐためには何を使ったりどうケアをすべきなのか、歯周病の予防について道具の観点からの疑問をまとめました。
答えてくれたのは歯科医の堀江先生。こちらを参考に、今日から歯周病予防に取り組んでみましょう!

電動歯ブラシやマウスウォッシュなど、歯周病を防ぐ方法をQ&Aで!

記事画像

短時間で効率的に歯磨きができる電動歯ブラシは人によっては、日々のケアのストレスから解放してくれる大変優れたお手入れ道具だと思います。
使用上の注意点は歯に強く押し当てたり力を入れすぎないこと!

軽いタッチで、一箇所を1〜2秒間じっとさせ、少しずつ場所を移動して全体を磨けば終了です。歯を当てるときの角度は、通常の歯ブラシとは違うので、説明書をよく読んでから使用するようにしましょう。電動歯ブラシを使う際も、もちろん、フロスや歯間ブラシとの併用は必要です。

記事画像

忙しくて歯ブラシが使えないときに、プラークを分解除去する成分が配合されているマウスウォッシュを使ってうがいをする事は良いと思います。

ただし、うがいをしたからと言って、歯ブラシを使わなくても良いという事ではありませんので注意が必要です。

記事画像

歯ぎしりや噛み締めによって歯に力が加わると、歯が揺さぶられ歯と歯を支えている骨の間に隙間ができることがあります。その隙間に歯周病菌が感染すると、歯周病が急激に進行する可能性があります。夜間のマウスピースの装着は歯に加わる力を分散するので、歯周病の悪化を防ぐ効果があります。顎関節症や歯の破損、肩こりなども緩和されるという報告もあります。

一度慣れてしまえば、逆にないと落ち着かないとおっしゃる患者さんもいらっしゃいます。試してみる事をお勧めします。

記事画像

確かに矯正の器具をつけていると歯磨きが難しくなります。しかし、綺麗な歯並びを手に入れると将来的には歯磨きがしやすく虫歯や歯周病になるリスクを抑えられると言えます。
歯列矯正に適している歯ブラシや磨き方などがありますので、歯科医と相談しながら正しいメンテナンスをしていきましょう。

堀江幹子(ほりえ・みきこ)先生

記事画像

日本橋あみ歯科院長
鶴見大学卒業後、同歯科にて勤務。その後都内歯科にて勤務後2014年4月に日本橋あみ歯科を開業し、現在に至る。
歯科の雰囲気が苦手な患者もリラックスして治療を受けられると評判。特に予防歯科に力を入れている。

著者プロフィール

■森下千佳(もりした・ちか)
お茶の水女子大学理学部卒。2000年に東海テレビ放送に入社し、主に報道記者として事件、事故を取材制作。女性ならではの目線で取材先の言葉や見過ごされがちな出来事を引き出す事を得意とする。2009年に家族の転勤で、ニューヨークに渡り4年間移住。当時日本ではなかなか手に入らなかったオーガニックのベビー商品、コスメなどを日本に届けるベンチャー起業を立ち上げに関わる。2013年帰国し翌年に女児を出産。2016年より子宮頸がん検診の啓発活動と健康教育を手掛ける一般社団法人の理事を務める。2019年よりフリーのエディターとして、主に女性と子供の健康、子育てに関する取材、発信している。

この記事に関連するキーワード