メニュー

2019.10.17

秋の美景を堪能しながら歩きたい!紅葉が彩る関東の絶景7選

kencom公式ライター:鹿嶋早由里

記事画像

長い残暑がようやく過ぎ、高い空、涼しい風、虫の音などから秋の訪れを感じられるようになってきました。爽やかな気候で、心身をホッと落ち着かせてくれる過ごしやすい季節。そして街や山を彩る秋景を愛でに歩きたくなる時期でもあります。秋の絶景スポットを訪れ、風情ある時を過ごしてみませんか?

※本記事は10/12以前に制作された記事です。最新の情報については、各地の観光協会等にご確認ください。

紅葉を楽しめる関東のおすすめ観光スポット

穏やかな空の下、見上げれば舞う紅葉、足元には黄金色の枯葉。秋の景色には、趣のある落ち着きがあります。木々を色鮮やかに染める紅葉スポットを散策しながら、日本の美景に酔いしれてはいかがでしょう。ここでは、関東圏にある秋の絶景スポットをご紹介していきます。

【東京都】明治神宮外苑:都心で楽しめるイチョウのトンネル

記事画像

青山通りから明治神宮外苑まで続くイチョウ並木は、東京を代表する風景のひとつで、海外の方も多く訪れる人気スポットです。道路を挟んで四列に並ぶイチョウの木の数は146本。連なる木々には整然とした美しさがあり、その全てが色づく秋には、左右の歩道が黄金色のトンネルになります。

毎年開催される「いちょう祭り」は東京の秋の風物詩。今年は11月15日(金)~12月1日(日)の17日間開催されます。多くの人で賑わう大イベントなので、お祭り気分で景色と出店を楽しめそうです。静かにゆっくりイチョウ並木を歩きたい方は、この時期を少し外して訪れるのが良いでしょう。明治天皇の生涯の事績を描いた絵画が展示される聖徳記念絵画館や史跡なども巡り、旧時代と新時代に想いを馳せてみるのも有意義な時間になりそうです。

紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬
アクセス:JR中央・総武線「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」から徒歩10分、東京メトロ「青山一丁目駅」から徒歩5分

【千葉県】亀山湖:湖畔や渓谷の紅葉を眺める非日常体験

提供:(公社)千葉県観光物産協会

提供:(公社)千葉県観光物産協会

千葉県君津市にある「亀山湖」は、1980年に完成した亀山ダムによってできた人造湖。都心から約70分で到着する房総半島の奥座敷で、大自然を満喫できます。「関東で一番遅い紅葉」としても知られ、もう見頃は終わってしまったかな?という時期でも充分に紅葉を味わうことができるのが亀山湖の魅力のひとつ。広葉樹と針葉樹が自然のままに混ざりあい、赤黄緑とパッチワークのような紅葉を演出しています。

亀山湖ではアクティビティが充実しており、特に人気なのは、各ボート店が運航する紅葉狩りクルーズ。湖上でしか見られないスペシャルな紅葉スポットへ案内してくれます。土日は予約でいっぱいなので、ぜひ事前に予約をしてくださいね。11月中旬~12月中旬には亀山オータムフェスティバルが開催予定。多様なコースがあるフリーハイキングや亀山ダムウォッチング、紅葉狩りサイクリングなども楽しめます。

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬
アクセス:JR久留里線「上総亀山駅」から徒歩10分

【神奈川県】日本大通り:歴史的建造物と黄金色に輝くイチョウのコラボレーション

洗練された街、横浜で色づく木々が楽しめるのは「日本大通り」のイチョウ並木。日本大通り駅から出ればすぐに鮮やかなイチョウが目に飛び込み、美しい横浜&黄葉の街に胸が高鳴ります。

イメージです

イメージです

この通りは、明治3年頃に完成した日本初の西洋式街路で、「横浜のまちづくりの父」として称えられるR.H.ブラントンによって設計されました。通り沿いには神奈川県庁や横浜開港資料館、横浜地方裁判所、旧関東財務局など明治ノスタルジアを感じられる外観の重要施設が立ち並び、歴史的建造物好きにはたまらない散策になるでしょう。

道路沿いのオープンカフェは、テーブルに着いて色づく街路をゆったり眺められる人気の休憩スポット。淹れたてコーヒーや世界のビールを飲みながら堪能するのも一興です。夜にはイルミネーションが輝き始めるので、昼と夜、それぞれ違う表情を楽しんでみては?

紅葉の見頃:11月下旬
アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩すぐ、JR・地下鉄「関内駅」から徒歩7分

【埼玉県】能仁寺:紅葉と竹林で彩られた和の世界を堪能

西武池袋線、飯能駅から徒歩20分かけて辿り着く「能仁寺」は、戦国時代に建てられた曹洞宗の寺院。ツツジの名所としても有名ですが、寺院ならではの風流な紅葉狩りができることから、アマチュアカメラマンの参拝が後を絶たないようです。

仁王像が構える山門に入れば、苔むした石灯籠とモミジ・カエデの紅葉、竹林が参道を飾り、参拝者を和の世界に誘います。本堂、中雀門、開山堂、鐘楼、不動堂、どこを切り取っても美しい紅葉が彩りを添え、思わずうっとり。日本名園百選にも選ばれている「池泉鑑賞蓬莱庭園」も300円の拝観料で見ることができるので、天覧山の借景と共に、風雅な時間に浸ってみてはいかがでしょうか。

紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬
アクセス:西武池袋線「飯能駅」から徒歩約20分

【群馬県】碓氷第三橋梁(めがね橋):色づく山間に悠然と立つ煉瓦のアーチ橋

【画像転載】ググっとぐんま写真館(http://gunma-dc.net/)

【画像転載】ググっとぐんま写真館(http://gunma-dc.net/)

「めがね橋」と呼ばれ親しまれている「碓氷第三橋梁」は、巨大な4連の煉瓦アーチ橋。川底からの高さは31m、長さ91mで、日本最大を誇る雄大なアーチ橋です。明治25年に完成したこの橋はすべてが煉瓦づくり。現在第2橋梁から第6橋梁までの5基が残っており、平成5年に国の重要文化財に指定されています。

アプト式鉄道の廃線敷は「アプトの道」として遊歩道に整備され、橋の上を歩くことができます。ハイキングコースとして利用されることもあり、橋の上から眺める秋の山々は絶景!橋の下から見上げれば、赤茶けためがね橋、朱に染まった山々、澄んだ青空の美しいコントラストを鑑賞することができます。

紅葉の見頃:11月上旬~11月中旬
アクセス:上信越自動車道「松井田妙義IC」から車25分、JR信越本線「横川駅」からタクシー15分

【栃木県】鬼怒楯岩大吊橋:スリル満点の大吊橋から大パノラマを望む

記事画像

「鬼怒楯岩大吊橋」は、鬼怒川温泉街の南部と「楯岩」を結ぶ歩道用吊り橋です。全長約140m、高さ37mの揺れる橋上を歩けばスリル満点!それでも恐れず景色を望むと、色づく秋の山並みと大岩の間を縫うように流れる鬼怒川の大パノラマを堪能できます。

この橋は、おおらかに流れる鬼怒川を女性に、高さ70mの巨大な楯岩を男性に例えて「縁結びの橋」とも呼ばれています。パワースポットとしても人気で、近くには縁結びと子宝のご利益があるといわれる「楯岩鬼怒姫神社」「縁結びの鐘」、澄み切った水が流れる「古釜の滝」があるのでチェックしてみては。

紅葉の見頃:10月中旬~11月中旬
アクセス:東武鬼怒川線「東武鬼怒川温泉駅」から徒歩15分

【茨城県】常陸国出雲大社:夕映えの神社とモミジに惚れ惚れ

© Ibaraki-Prefectural Tourism & Local Products Association

© Ibaraki-Prefectural Tourism & Local Products Association

茨城県にも出雲大社があるのをご存知でしたか?
茨城県笠間市に鎮座する「常陸国出雲大社」は、島根県の出雲大社より大国主大神の分霊を招き祀っている大きな神社。巨大なしめ縄が大迫力!と有名で、長さ16m・重さ6tのしめ縄は、日本で一番の大きさと言われています。参拝方法は島根の出雲大社同様「二礼四拍手一礼」。通常の神社と異なるのでご注意ください。

境内には多くの樹木が植えられており、秋になると神社のあちらこちらを色とりどりの紅葉が飾ります。特に境内にある龍蛇神社周辺はモミジが多いため、人気の紅葉スポット。夕陽に照らされる白い鳥居と朱色に輝くモミジの組み合わせにはうっとりしてしまいます。

紅葉の見頃:11月上旬~11月下旬
アクセス:JR水戸線「福原駅」から徒歩約7分

秋の絶景スポットへ、美しい紅葉を眺めに行こう

記事画像

松尾芭蕉の「秋深き 隣は何を する人ぞ」や、正岡子規の「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」など、秋を詠んだ俳句は昔から数多くあります。短い間にしか見ることができない紅葉を眺めていると、詩心が湧いてくるのかもしれませんね。秋の景趣を堪能しながら、のんびり歩いてみませんか。

著者プロフィール

■鹿嶋早由里(かしま・さゆり)
専門学校卒業後、広告制作会社のディレクター及びライターとして、レジャー・美容・ブライダル・採用広告・カタログなどあらゆる分野の企画・編集・制作に携わる。女性向け広告を中心に担当してきた10余年の経験を制作に活かす。結婚を機にフリーとなり、現在はわんぱく男児を抱えるママライター。

この記事に関連するキーワード