メニュー

2019.09.27

食事前にやれば食後も元気に!腸を動かす簡単テク【これだけリラックス#10】

kencom公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

このところ気温の変化がとても激しいですね。暑い日や寒い日が交互に続くとなかなか食欲が出てこなかったり、消化不良気味になることも。
これは腸の調子が落ちているせいかもしれません。今回は食前にちょっと行っておくことで、腸の調子を取り戻す簡単なポーズをご紹介しましょう。

イスを使って腸ごとツイスト!ねじりのポーズ

今回行うのは身体をねじるポーズ。実はこれ、単純ですがとっても効果的です。
人間の身体は様々な方向に動くようにできていますが、時代が進み、便利になるにつれて行わなくなっているのがねじる動き。
そのため、身体をねじるための筋肉は衰えてしまったり、硬くなりがちです。
結果、腸への刺激が減っている面もあります。そこを少し意識して動かしてあげましょう。

まずは動画でチェック

【やり方】

記事画像

①椅子に深めに座り、背筋を伸ばす。

記事画像

②左膝を胸につくほど上げ、右腕で抱える。その際、左腕を使って左膝を胸に引き寄せるとより深くはまる。

記事画像

③左腕を背もたれに引っ掛けたら、そこをとっかかりに上半身を左側にねじっていく。そのまま3〜5呼吸したら元の姿勢に。反対側も同様に行う。

ねじることで背筋も整える

ねじりのポーズは左右均等に行うことで、背骨の位置を調整し、背筋を整えるとも言われています。
背中が丸まらないように気をつけながら食前に行うと、腸が刺激されるだけでなく、背筋全体の筋肉も動くので代謝アップも狙えますよ。
気分転換にもぴったりなので、仕事や家事の合間をみてやってみましょう。

■過去のテクニックはこちらから

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。