メニュー

2019.06.08

美味しく暑さ対策☆簡単にプロの味を楽しめるシャキシャキ長芋の黒酢豚【身体が変わる10分レシピ#92】

KenCoM公式:料理研究家・りんひろこ

記事画像

だんだん暑い日差しと湿気が気になる季節になってきました。こんな時に忙しい日が続くと知らぬ間に食欲が落ち、ひいては体力まで低下していることも。
夏に向けてこの時期に体力をつけたいものです。
そんな時に活用したいのが長芋。江戸時代には滋養強壮効果が買われて、夏場に食べられることが多かったそうです。
伝統的な夏バテ対策食材である長芋と豚を合わせた逸品を、本日は作ってみましょう!

【材料】(2〜3人分)

豚薄切り肉(肩、バラ、ロースなど) 200g
長芋 200g
ピーマン 3個
片栗粉 適量
ごま油 適量(大さじ1程度)


しょうゆ 大さじ1と1/2
黒酢(なければ普通の酢でOK) 大さじ2
砂糖 大さじ2

作り方

記事画像

1:長芋は皮をむいてひと口大に切り(5mm~1cm程度の厚さ)、ピーマンはへたと種を除いてひと口大に切る。豚肉は端からくるくる巻いていく。

記事画像

2:豚肉には片栗粉を全面にまぶしておく。

記事画像

3:フライパンにごま油を熱し、巻いた豚肉を入れて両面を中火でこんがり焼き色がつくまで3~4分程度焼いていく。

記事画像

4:豚肉に焼き色がついたら、長芋とピーマンを入れて全体を中火で1~2分さっと炒める。

記事画像

5:Aの調味料を加え、煮汁にとろみがつくまで煮詰める。

身体に嬉しい豆知識

記事画像

長芋は消化酵素のジアスターゼを含んでおり、消化のよい食品でもあります。また、ぬめりの部分に水溶性食物繊維も多く含み、腸の働きを高める効果も期待できます。
加熱することで回りはほくほくで中がシャキシャキの食感が楽しめ、黒甘酢の味付けで箸の止まらない美味しさです。

豚肉は、すぐに火の通る豚薄切り肉を使いますが、肉厚な食感も楽しめるように、肉をくるくると巻いて焼きます。
これにより、短時間で調理できるのに、豚肉のジューシーさも味わえる1品になりますよ。

過去のレシピもどうぞ!

著者プロフィール

記事画像

■りんひろこ
料理研究家、フードコーディネーター。京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。

この記事に関連するキーワード