メニュー

2019.08.11

【8/11】若い頃にやっておくべき寝たきり対策とは?【医師Q&A】

kencom公式ライター:黒田創

記事画像

医師からのコメント

ロコモ度テストでロコモ度1、または2の結果が出た方は運動不足と言えます。これらを解消するには、やはり運動量を増やすしかありません。
といってもハードな運動ではなく、生活動作を軽く強化するぐらいのつもりで大丈夫です。
身体に軽い負荷をかけることで運動器の衰えを防ぎましょう。

コツは無理のない運動を毎日続けることです。

■現代人に黄信号!将来の寝たきり対策にロコモティブシンドロームを学ぼう!

監修医師

■大江隆史(おおえ・たかし)先生
NTT東日本関東病院手術部長、東京大学整形外科非常勤講師。東京大学医学部医学科卒業後、同大学整形外科医局入局。同大学医学部附属病院整形外科医局長などを経て現職。2010年「ロコモ チャレンジ!推進協議会」の設立とともに副委員長、2014年より委員長を務め、ロコモティブシンドロームについての啓蒙を行っている。

著者プロフィール

■黒田創(くろだ・そう)
フリーライター。2005年から雑誌『ターザン』に執筆。ほか野球系メディアや健康系ムックの執筆などにも携わる。フルマラソン完走5回。ベストタイムは4時間20分。

この記事に関連するキーワード