メニュー

2019.03.30

鶏むね肉が8分でしっとり!チキンと春キャベツのジンジャーサラダ【身体が変わる10分レシピ#82】

KenCoM公式:料理研究家・りんひろこ

記事画像

脂肪分が少なくヘルシーな鶏むね肉は、ダイエットの味方。ですが、加熱しすぎるとぱさぱさになってしまうので、美味しく食べるのが難しい食材でもあります。しっとりジューシーに仕上げたいなら、フライパンで蓋をして8分蒸し焼きにすること。時間をしっかりと計ることが、美味しさの秘訣です。
また、3月の中旬から5月にかけてスーパーで見かけるようになる春キャベツは、甘くて柔らかいので、今回のサラダのように生で食べるのがおすすめ!グリルチキンとの相性も抜群です。

それでは早速作っていきましょう!

【材料】(2~3人分)

キャベツ 小1/4~大1/6
ミニトマト 8個

鶏むね肉 中1枚(300g程度)
塩 少々
こしょう 少々
オリーブオイル 少々

A
しょうが(すりおろし) 1かけ(小さじ1~2)
塩 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
ホワイトビネガー(酢でもOK) 大さじ1

【作り方】

記事画像

1:キャベツは小さめのひと口大に切る。ミニトマトは半分に切る。

記事画像

2:鶏むね肉は両面塩こしょうをふる。

記事画像

3:フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏むね肉を入れて強火で両面焼く。

記事画像

4:焼き色がついたら蓋をして中火で8分蒸し焼きにする。火を止めて、粗熱がとれるまで2~3分そのまま蓋をしておく。

記事画像

5:4の間にドレッシングを作る。Aの材料を全て器に入れ、とろみがつくまでマドラーかスプーンなどでよくかき混ぜて合わせる。

記事画像

6:4の鶏むね肉を取り出して、スライスする。

記事画像

7:1のキャベツ、ミニトマト、6の鶏むね肉、5のドレッシングをボウルに入れてよく混ぜ合わせてから器に盛り付ける。フライパンに残った肉汁も入れるとより美味しくなる。

身体に嬉しい豆知識

記事画像

鶏むね肉は、低脂肪・高タンパクなだけでなく、イミダペプチドという活性酸素を除去し疲労回復に効果のある成分が含まれています。
また、キャベツは体の免疫力を高めるビタミンCを豊富に含むほか、ビタミンU(キャベジン)と呼ばれる、胃の粘膜の保護や修復にかかわる成分も豊富。アルコールによる刺激から胃を守ってくれるので、お酒のおつまみにもピッタリですよ!

過去のレシピもどうぞ!

著者プロフィール

記事画像

■りんひろこ
料理研究家、フードコーディネーター。京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。

この記事に関連するキーワード