メニュー

2019.04.19

足腰を鍛え股関節を柔軟にしよう!馬のポーズ【ダイエットヨガ#20】

KenCoM公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

ダイエットヨガ最後となるポーズは、股関節を柔軟にしつつ足腰を同時に強化できるお手軽な『馬のポーズ』です。
さらに、このポーズは腰を落とすだけなので、どこでもできるというメリットもあります。
オフィスで仕事している方は、席を立つ度に行ってみると、みるみる身体が柔らかくなっていきますよ。

腰回りの巡りも良くするポーズ

腰回りを大きく開くことで、股関節辺りでつまりがちなリンパの流れを促します。
ふくらはぎや太ももも鍛えられるので、血の巡りも整ってきますよ。

動画を見ながらご一緒に

【やり方】

記事画像

①両足を肩幅の2倍程度に開いて立つ。

記事画像

②かかとを内側に入れながら、膝を曲げる。かかとの上に膝が来るようにすると膝を痛めにくい。両手を膝の上に置いて、股関節をできるだけ開くようにする。その際身体が前傾しないよう起こしておくこと。

記事画像

③両手を胸の前で合わせる。頭を高く維持するよう意識しながら、腰を落としていき、股関節を広げていく。そのまま5呼吸。そのまま膝を伸ばして元の姿勢へ。

記事画像

記事画像

※身体を横から見ると薄く感じるように、膝を前に出さないこと。膝がやや内側に入る際は、膝とつま先の向きを合わせるようにしよう。

膝と足の向きを合わせて膝を守ろう

膝が足の向きとずれてしまうと、変な形に関節が曲がり痛める原因になります。膝を落とすことよりも、膝と足の向きを合わせることに注意しましょう。
身体を倒してしまうと、腰にも負荷がかかるので要注意です。
毎日少しずつ行っていれば、開脚もできるようになりますよ。

■ダイエットヨガの過去記事はこちら

■相楽さんの過去の連載はこちら

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。

(取材・文/KenCoM編集部 写真/水野昭子)

この記事に関連するキーワード