メニュー

2019.02.13

高齢者への長期の運動習慣の健康効果【KenCoM監修医・最新研究レビュー】

KenCoM監修医:石原藤樹先生

記事画像

運動習慣がある人は健康というイメージはありますが、身体機能の低下がみられる高齢者も定期的に運動したほうがいいのでしょうか?

当連載は、クリニックでの診療を行いながら、世界中の最先端の論文を研究し、さらにKenCoM監修医も務める石原藤樹先生の人気ブログ「北品川藤クリニック院長のブログ」より、KenCoM読者におすすめの内容をピックアップしてご紹介させていただきます。

本日ご紹介するのは、2018年のJAMA Internal Medicine誌に掲載された、高齢者が定期的に運動することの効果についてのメタ解析の論文です。(※1)

▼石原先生のブログはこちら

高齢者も健康のために運動したほうがいいのか?

記事画像

定期的に運動の習慣を持つことが、筋肉量を維持して骨折を予防し、心血管疾患や認知症の予防にもなることは、これまでの多くの疫学データや観察研究により、ほぼ確立された事実です。

ただ、1年以上の長期の運動習慣が、高齢者に与える影響というように限定すると、それほど裏打ちとなるデータが豊富にある訳ではありません。

運動で高齢者の身体機能低下は防げるが、病気は防げない

2014年のJAMA誌に掲載された、LIFE(ライフ)研究は、その数少ない介入試験のデータです。(※2)
それがこちらです。

ここでは70歳から89歳の一般住民1635名を登録し、くじ引きで2つの群に分けると、一方は健康維持の指導のみを行ない、もう一方は週に2回(家庭では3から4回)の運動を行なって、平均で2.6年の経過観察を行なっています。

その結果、400メートルの歩行が困難となるような身体機能低下は、運動療法群で28%有意に予防されていました。
しかし、その一方で病気での入院や死亡は、むしろ運動療法群で多い傾向が認められました。

高齢者の身体機能の低下は様々ですから、画一的に運動を強制するようなことを行なっても、かならずしも高齢者のトータルな予後を、改善することには結び付かない可能性もある、という問題を示唆する結果です。

2万人強の高齢者の臨床データを検証

週3回の運動で、怪我のリスクは低下するが生命予後には影響なし

記事画像

今回の研究はその後に発表されたデータも含めて、60歳以上の高齢者を対象に、1年以上の運動療法の効果を検証した臨床データを、まとめて解析する、スステマティック・レビューとメタ解析という手法で、この問題の現時点でのまとめを行なっています。

これまでの46の臨床研究における、22709名のデータをまとめて解析した結果として、概ね週に3回程度のエアロビックやバランス体操を取り入れた運動療法は、転倒のリスクを12%、外傷性転倒のリスクを26%、それぞれ有意に低下させ、有意ではないものの骨折のリスクも低下させる傾向を示しました。
ただ、頻回の骨折や入院のリスク、また生命予後の改善効果は有意には見られませんでした。

つまり、高齢者の長期の運動療法は、ライフ研究単独と同様、今回のメタ解析においても、骨折や転倒のリスクの予防にはなっても、明確に患者さんの生命予後や、健康寿命の延長には結び付くとは言えないようです。

高齢者の運動は、個人の体力に応じたものを

記事画像

運動習慣は確かに高齢者においても、転倒予防や筋力の維持などには有効ですが、それ自体身体に負荷を掛ける行為ではあるので、個々の高齢者の状態に応じて、画一的ではなく、きめ細かい個別の対応が必要な事項であるようです。

▼参考文献

<著者/監修医プロフィール>

■石原藤樹(いしはら・ふじき)先生
1963年東京都渋谷区生まれ。信州大学医学部医学科、大学院卒業。医学博士。研究領域はインスリン分泌、カルシウム代謝。臨床は糖尿病、内分泌、循環器を主に研修。信州大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科を研修の後、1998年より六号通り診療所所長として、地域医療全般に従事。2015年8月六号通り診療所を退職し、北品川藤クリニックを開設、院長に就任。著書に「誰も教えてくれなかったくすりの始め方・やめ方-ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ-」(総合医学社)などがある。
・略歴
東京医科大学地域医療指導教授/日本プライマリ・ケア連合学会会員/医師会認定産業医/医師会認定スポーツ医/日本糖尿病協会療養指導医/認知症サポート医
・発表論文
-Differential metabolic requirement for initiation and augmentation of insulin release by glucose: a study with rat pancreatic islets. Journal of Endocrinology(1994)143, 497-503
-Role of Adrenal Androgens in the Development of Arteriosclerosis as Judged by Pulse Wave Velocity and Calcification of the Aorta. Cardiology(1992)80,332-338
-Role of Dehydroepiandrosterone and Dehydroepiandrosterone Sulfate for the Maintenance of Axillary Hair in Women. Horm. Metab.Res.(1993)25,34-36