メニュー

2018.11.24

ビタミンたっぷりで元気になれる!豚バラ肉でお手軽回鍋肉【身体が変わる10分レシピ#64】

KenCoM公式:料理研究家・りんひろこ

記事画像

今週はスタミナをつけられる“がっつり飯”の代表・回鍋肉(ホイコーロー)を紹介します。
回鍋肉は本来、豚のかたまり肉をいったん茹でて切ってから、再び中華鍋に戻して(回鍋)作るもの。ですが、最初から豚の薄切り肉を使うことで手間が省けます。また、今回は甜面醤(テンメンジャン)は使わず、味噌と砂糖、みりんで味付けをするので、自宅にある調味料で簡単に作れるのも嬉しいポイントです。その際使う味噌は、あれば豆味噌(八丁味噌)か熟成が進んで色の濃い米味噌を使うと、本格的な味に近づきますよ。

豚肉もキャベツもビタミン豊富

豚肉に多く含まれるビタミンB1をはじめとするビタミンB群は、糖をエネルギーに変換する際に必要なものです。そのため、疲労回復に効果があると言われています。
また、キャベツに含まれるビタミンUは胃の粘膜を保護・修正する働きがあります。油っぽいものと一緒に摂ると消化を助けてくれるので、今回のレシピのようにお肉×キャベツはとても相性がいいんです。

【材料】(2人分)

豚バラ肉 200g
キャベツ 3枚程度
にんにく 1かけ

A
味噌(あれば色の濃い米味噌) 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1
豆板醤 小さじ1

ごま油 大さじ1/2

【作り方】

記事画像

1:にんにくはスライスにし、キャベツは芯を除いてひと口大(4cm角程度)に切る。豚バラ肉は大きめのひと口大(5cm程度)に切る。

記事画像

2:Aの調味料は合わせておく。

記事画像

3:フライパンにごま油を熱しにんにくを入れる。香りがたったら豚バラ肉を広げて入れて、両面とも色が変わるまで焼く。

記事画像

4:キャベツも加えて炒める。キャベツがしんなりしてきたら2で合わせた調味料を加えて、全体になじむように炒める。

旨みたっぷりで食欲UP!

記事画像

お味噌のコクとにんにくの香りにそそられ、ご飯が何杯でも進んでしまう危険なレシピ(笑)。ダイエット中の方は量をコントロールしつつ、食べてみてくださいね。

過去のレシピもどうぞ!

著者プロフィール

記事画像

■りんひろこ
料理研究家、フードコーディネーター。京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。

この記事に関連するキーワード