メニュー

2018.11.18

【東京都内から90分以内】秋冬に行きたい!楽々日帰りSPOT5選

KenCoM編集部

記事画像

寒くて、つい出不精になりがちな季節ですが、今ならではの自然を思う存分楽しみたいですよね。
今回は、この季節に行ってみたい日帰りでも楽しめる場所をピックアップしました!
まずは関東編として、東京都内から手軽に行けて自然あふれる場所をご紹介します。
リフレッシュも兼ねて、週末おでかけの候補地にしてみては?

都内から90分以内で行ける!ラクで楽しい日帰りSPOT

【静岡県】熱海で遅めの紅葉と幻想的なライトアップを堪能!

写真提供:一般社団法人熱海市観光協会

写真提供:一般社団法人熱海市観光協会

写真提供:一般社団法人熱海市観光協会

写真提供:一般社団法人熱海市観光協会

メディアでも度々見かける話題のスポットといえば熱海。
東京駅から東海道新幹線に乗れば、こだまで約50分、ひかりなら約35分、という抜群のアクセスの良さが嬉しいですね。
熱海梅園は、全国的に見ると遅めの紅葉と日本で最も早く咲く梅が楽しめる場所です。
44,000平方メートルもの広大な敷地内に所狭しと並ぶ紅葉樹約380本は、まさに圧巻!
もみじまつりは12月上旬まで、その後は1月中旬から3月まで梅まつりが開催されます。

写真提供:一般社団法人熱海市観光協会

写真提供:一般社団法人熱海市観光協会

熱海の楽しみは、夜も続きます。
気になるのが世界的な照明デザイナーが手がけ、日本初の試みというサンビーチライトアップ。
夜景と海を彩る淡いブルーのライトアップは、きっとロマンティックな気持ちになること間違いなし!

【埼玉県】秩父のエキサイティングな祭&ダイナミックな氷のアート

写真提供:一般社団法人秩父観光協会

写真提供:一般社団法人秩父観光協会

池袋駅から特急レッドアロー号に乗り、直行で約80分。秩父には、冬の季節にぜひ訪れたいイベントが目白押しです。
まず注目したいのが、ユネスコ無形文化遺産に登録された秩父神社の「秩父夜祭(ちちぶよまつり)」。京都祇園祭、飛騨高山祭と並ぶ日本三大曳山祭の一つです。
江戸時代から約300年ほどの歴史があると言われ、豪華絢爛な山車、地芝居(秩父歌舞伎)や地元の花柳一門と杵屋一門によるひき踊りは、訪れる人の心を惹きつけてやみません。
毎年12月2〜3日の2日間開催されるので、一見の価値ありです。

写真提供:一般社団法人秩父観光協会

写真提供:一般社団法人秩父観光協会

もう一つの冬の名物が、「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」です。
自然がつくりあげた天然の氷柱は、毎年姿形を変え、私たちに自然の壮大さを伝えるまさにアートのような存在。
奥秩父大滝の荒川河川敷にあります。
また、秩父市中津川にある「中津川の氷壁」とあわせて、大滝氷まつりが2019年1月5〜2月17日まで開催される予定です。
期間中、ライトアップされる予定なのでお楽しみに!

※天候により期間などの変更あり

【神奈川県】グルメ&日帰り温泉&歴史探訪!箱根湯本

記事画像

新宿から小田急ロマンスカーに乗れば直行で、横浜からも箱根湯本エアライナーという高速バスを使えば約85分で到着するのが、箱根の玄関口である箱根湯本です。
古くから温泉地としてその名を全国に轟かせる箱根ですが、温泉場は20あり、それぞれがさまざまな泉質や効能を持つというから驚きです。

記事画像

なかでも箱根湯本は、奈良時代に開湯された箱根でも最も古い温泉地。
駅をでれば商店街が軒をつらね、箱根名物のグルメや歴史を感じる観光スポット、日帰り温泉までいろいろな楽しみ方ができます。
温泉につかって美味しいものを食べれば、楽しい思い出になること間違いなし!

【神奈川県】多彩な散策&ハイキングコースが魅力の鎌倉!

記事画像

東京からJR横須賀線で約60分、品川から約50分という好アクセスで不動の人気を誇る鎌倉。
夏は海水浴客でにぎわいますが、日本ではじめて武家政治による鎌倉幕府が誕生した地であり、それだけに歴史や文化、アート、建築と多様なテーマで楽しめます。

※写真は妙法寺の石段でハイキングコースには含まれません

※写真は妙法寺の石段でハイキングコースには含まれません

博物館や美術館も多いので、のんびりとアートを楽しむという休日も素敵ですよね。
観光協会のホームページを見ても、散策コースで11、ハイキングコースで3、合計14コースが紹介されていることからも、その多様さが伺えます。
自然に囲まれて深呼吸しながら、散策やハイキングを楽しんでみるのにぴったりです。

【東京都】初心者も気軽にGO!世界一の登山客が集う高尾山

記事画像

新宿駅から京王線特急で約47分で高尾山口駅という好アクセスに加え、標高599mの低山で気軽にトライできる初心者向けの山が高尾山です。
富士山と共にミシュランガイドで三ツ星に選ばれたこともあり、日本だけでなく海外の登山客からも注目を集めています。
登山コースは、全3種類。歩くスピードにもよるので一概には言えませんが、大体どのコースも約1時間〜1時間40分ほどで登ることができます。
ただ、気軽に登れるとはいえ、無理は禁物。ケーブルカー、リフトもあるので、無理せず登山を楽しみましょう。

記事画像

小さな山でありながら、約1600種類以上もの植物が自生し、その数はイギリス全土の植物と匹敵するほどだそう。
頂上近くの薬王院は、開山から1300年以上がたっていて、天狗伝説など数々の神話を持つ歴史あるお寺です。
とろろそばや天狗焼きなどのグルメもあるため、幅広い世代の方が訪れています。

また、意外と知られていないのが、高尾山山頂が「関東の富士見100景」という富士山の良好な眺望を得られる場所に選定されていること。
運が良ければ素晴らしい眺めを見られるかもしれませんね!

近場でも魅力あふれるSPOTがたくさん!

家でのんびり過ごすのもいいですが、電車で90分以内で行けるところに自然あふれる場所がこんなにあるんです。
日常のストレス発散はもちろん、健康のためにも歩くことは大事です。日帰りで行ける自分だけのお気に入りの場所を探してみるのもいいですね!
どこも人気のエリアなので、朝早めに行くのがおすすめです。
季節の移ろいを感じながら、日本の四季を満喫してみてはいかがでしょうか。

(取材・文/KenCoM編集部)

あわせて読みたい