メニュー

2018.10.05

「何でも自分で抱えこむ妻」に夫が言った言葉|"完璧な私"よりもっとずっと大事なこと

東洋経済オンライン

この連載の一覧はこちら

家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。

前回から日本人妻と南米&中米ハーフの夫との国際結婚カップルの話から「夫婦の愛を持続させるヒント」を探っていますが、前回はバリバリ働いていた妻が専業主婦になったらどうなったか(記事はこちら)、そして今回はそんな2人の家事育児分担事情についてです。

やらなきゃいけないことが多すぎる

完璧主義のバリキャリは「仕事も家事も全部やる!」

夫からの提案

カップルとしての関係を忘れてしまう…

人間は誰しも完璧じゃない

お互いに不満をためるくらいなら

大事なのは、やりたいことをやれる自由

Lさんの母親に教わってAさんも作るようになったニカラグアの鶏のスープ。オリーブが入っているのがおもしろい!(写真:著者撮影)

参照元:https://toyokeizai.net/articles/-/240750?page=8

Lさんの母親に教わってAさんも作るようになったニカラグアの鶏のスープ。オリーブが入っているのがおもしろい!(写真:著者撮影)

Aさんの話を聞いてあらためてわかったのは、「バリバリ働きたい!」という性格だから家事育児の外部委託も抵抗なく頼める、というわけではなく、むしろバリバリ働けるような性格と体力があるからこそ、家事も育児も全部自分でバリバリやってしまいがち……ということ。

実際に、彼女の日本の医師友達は、産後も働きながら家事も育児も全部請け負っている女性が多いとのことでした(同じ医師同士で結婚したとしても!)。

そこで彼女に、「もし将来的に、医師として復帰したら家事育児はどうするの?」と質問したら、「もっと外部委託を増やす。でも娘の教育関係はなるべく自分がかかわりたい」とのことでした。

夫婦の時間をもつという選択肢

そう考えていくと、LさんがAさんの外部委託への抵抗感をなくしたのは、医師復帰を目指す彼女にとってはかなり有意義なことだったような気がします。夫が家事育児の外部委託を積極的に勧めてくる、というのは日本ではあまり聞かない話ですが、共働き志望の夫婦なら、それはある意味当然で合理的な話なのではないか、と私も最近は思うようになりました。お互いが、パパママとしての関係だけでなく、男女としての関係の持続も求めるならなおさらです。

というわけで今回のまとめ。

家事育児につかれた。でも外部委託も躊躇する…。

一度試してみてから判断してみては?

さて、皆さんは子どもができてからも夫婦の時間をとっていますか? そのために外部委託を利用したことはありますか? そのときに抵抗感はありましたか? よかったら、ぜひコメント欄で教えてください~!

この連載のサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」がオープンしました。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。

記事画像

ハラユキ:イラストレーター、コミックエッセイスト

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します