メニュー

2018.09.17

「わかる!」とつい反応することがダメな理由|無意識に「敵」を作っているかもしれない

東洋経済オンライン

「わかる! すっごくよくわかる!」と盛り上がって距離が縮まった気がしていたけれど…(写真:pixelfit/iStock)

参照元:https://toyokeizai.net/articles/-/237128?utm_source=deschl&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=article

「わかる! すっごくよくわかる!」と盛り上がって距離が縮まった気がしていたけれど…(写真:pixelfit/iStock)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。


この連載の記事一覧はこちら

あなたが「身近な相手との関係性をよくしたい」と思ってやっていることが、実は、関係を悪くすることにつながっているかもしれません。

たとえば、友人から「この前、こんなことがあって本当につらかった」という話を聞いたと仮定します。自分も同じような経験をしていたりすると、「わかる! すっごくよくわかる!」と反応してしまうことがあると思います。これを、相手の気持ちに寄り添った、相手を理解する適切な対応ととらえる人が多いのではないかと思いますが、実は違います。

「わかったような感覚」に一体感を覚える

「わかる!」という気持ちは、同感と言われるもので、相手の気持ちではなく、相手の話を聞いたときの「自分の気持ち」です。

自分の過去に起こった出来事や経験が、相手の話の内容と「場面や状況」「気持ち」に合致したときに、自分の記憶や気持ちが呼び起こされて、それを基に「わかる」と表現します。

「同じような」体験や出来事であっても、「同じ」ということはなく、それと同様に「同じ気持ち」には決してなりません。その人その人が出合うことや感じる気持ちにひとつとして「同じ」ものは存在しません。

それなのに、いかにもすべてを悟ったような「わかる」という表現は、たとえ間違っていたとしても「わかったような」錯覚に陥ってしまいます。

日本人は、「察する文化」の中で生活しているので、「わかったような感覚」に一体感を覚えやすく、話をした相手も受け取ったほうも「同じ感覚」を共有したような錯覚に陥ります。これは、心理的な距離を縮める効果もあり、本来、時間をかけて培っていく「安心」や「信頼」に類似する気持ちを、一時的に起こさせます。そして、それと同時に、「(実際は、そうではないが)わかってくれた」相手に対し、依存感情が生まれます。

人間関係は、多かれ少なかれ依存関係で成り立つともいえるので、「依存関係」自体が悪いわけではありません。しかし、依存関係は、同時に「攻撃感情」を伴うものでもあるのです。

一般的に、家族や恋人は、ほかの人よりも依存関係が強いので、他人にはあまり言わないような強い口調を使ったり、攻撃的な態度になることをイメージしていただければ合点がいくと思います。依存関係にある相手は、攻撃対象になりやすいのです。依存関係にある「わかってくれる」と思っていた相手に、違う意見を主張されたとき、相談したいときに相手が受け入れてくれなかったときなどに、強く「裏切られた」という気持ちを持ちやすくなるからです。

ですから、職場や友人関係で、依存を強くしてしまうことは、相手から攻撃されやすくなると言えるので注意が必要です。

なんでも話してくれて、頼られるほうもうれしくて、いつも相談に乗っていたにもかかわらず、ちょっとした意見の相違や、すれ違いで手のひらを返したように攻撃されては、かないません。「わかってくれると思ったのに!」と逆切れされたり、お互い深いところまで情報共有してしまっていて、それを基に悪いうわさを流されるなんていう事態に発展したりすることもあります。

実際、そのような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。「あれだけ、面倒を見てあげたのに」「すごく親しかったはずなのに、どうして?」とショックを受けるケースは、相談事例としても多くあります。

距離感を保つ、相手とのかかわり方

では、距離感を保つためには、どうかかわればよいのでしょうか。

相手に「共感」することが大切になります。「共感」とは、相手の気持ちのままに受け取ることです。

同感との違いを示すと、同感が「わかる! 私も同じように感じる」という「私の気持ち」を相手に伝えることなのに対し、共感は、私にはわからないかもしれないけれど「あなた」がそう感じるのねといった、「あなた」の気持ちを受け取ったことを伝えるかかわり方です。

冒頭の「この前、こんなことがあって本当につらかった」に対するかかわり方の例を挙げると、

同感「うんうん、つらいよね(私も同じように思う)」

共感「(あなたは)つらかったのね」

というかかわり方です。

共感は、同感に比べて、冷たい対応に感じる方もいると思うのですが、この距離感こそが大切です。

たとえば、紙に書かれた文字を見るときに、あまりにも目を近づけすぎるとピントが合わずに見えないので、少し目から離し、距離を保って読むことをされていると思います。

人間関係も同じく、ある程度の距離感が必要です。それが、相手と対等な関係を育むことにつながります。適度な距離があるからこそ、相手を尊重でき、健全な関係性を保つことができるのです。

日本語は、「私」や「あなた」といった主語を省略して使う言語なので、わかりづらいと思いますが、同感は、主語が「私」、共感は「あなた」です。

もちろん会話のなかで、同感対応をしてはいけないということではありません。特に初期対応(最初のうちの対応)に、共感対応を心掛けていくだけで、相手との本当の信頼関係を結んでいくことができます。

いらぬ攻撃を防ぎ、理解し合い信頼できる関係性を築いていくための参考にしていただければ幸いです。

記事画像

大野 萌子:日本メンタルアップ支援機構 代表理事

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します