メニュー

2016.08.30

筋肉は最強の名刺。ジム通いでビジネス筋も鍛えろ!

KenCoM公式ライター:真田雅人

スポーツや筋トレは仕事に有利だと感じませんか?

記事画像

鍛えてマッチョな得意先と関係が改善!

先日、友人から非常に興味深いエピソードを聞きました。

得意先の担当者が筋肉ムキムキのゴリマッチョな方だったそうです。それに対し友人は、体の線が細く、容姿はガリ勉のタイプの男性です。仕事は出来るタイプですが、少々頼りなさそうにも見える容姿。

その友人、マッチョな担当者と仕事を進めていくうちに、どうも自分は信用されてないのではないか? どこか軽んじられているのではないか? と思えることが幾度かあった言います。

仕事での落ち度は特にありません。むしろテキパキと進めているですが、信用されてない気がしてならず、なぜだろう? と随分と悩んだそうです。

悩んだ末に、友人はもしかしたら自分のひ弱な体型に問題があるのではないか、また筋肉を鍛えている人は、周りを強い人間で固めたいのではないか、と思うようになりました。

筋トレを通じて会話が増える

友人は少なからず体型にコンプレックスを抱いていたので、このことをきっかけに筋トレを始めました。そして筋トレを始めたことをマッチョな担当者に伝えたそうです。

すると、仕事で会うたび、先方からトレーニングについて積極的に話しかけられるようになり、ときには「腕立てはこうした方がいいですよ」「プロテインを飲むならこのメーカーがいいですよ」とアドバイスを頂いたりし、関係性が急速に改善したそうです。

関係性が改善したことで、仕事が以前よりもはるかにスムーズに進むようになり、ストレスを感じなくなったと言います。

こうした経験があったことで、友人は筋トレに完全に目覚め、フィットネスジムに入会し、本格的に鍛え始めています。

見た目は大事。男にとって筋肉は名刺であり、ファッションでもある!

記事画像

肉体には自己管理力が現れる

「人は見た目ではない。中身が大事」とはよく言われますが、実際私たちが初めて人と会うとき、もしくは誰かと仕事をするとき、その容姿が人を判断する大きな要素になっていることは否定出来ないでしょう。

たとえばビシッとスーツを着こなしている男性と、ヨレヨレのスーツを着ている男性がいたとします。同程度のスキルがあるとしたら、多くの方が仕事を依頼するのは、ビシッとスーツを着こなしている男性ではないでしょうか。

スーツを着こなしている男性だと清潔感があり、仕事もしっかりと進めてくれそうな気がします。それに対し、ヨレヨレのスーツの男性では、どこか頼りない気がします。

同じようなスキルがあったとしても、容姿で大きな差が出てしまうのが現実です。

安心感を与える体は、名刺代わりになる

友人にしても、これはあくまで推測になってしまいますが、そのマッチョな担当者の方から、ガリ勉的なひ弱な容姿が頼りなく思われていたのかもしれません。

その担当者の方にしても、意識的にというより、むしろ無意識に「どこか頼りない気がする……」と思い、それが言動に表れ、友人に伝わってしまったとも考えられます。

筋トレをして健康的な体、逞しい体になれば、人に安心感を与えることができるでしょう。またその体が名刺代わりとなって、覚えてもらうのに大変役に立ちます。

体が健康的になり、人にも好印象を与える、そしてそれがビジネスチャンスにつながる、となれば鍛えない手はないのではないでしょうか。

ジム通いがビジネスに効く真の理由

記事画像

セルフマネジメント力が身に着く

夜ジム通いを始めた友人ですが、思わぬ副効果に大変驚いています。というのも、以前よりも仕事を早くこなす意識が芽生え、仕事の能率が上がったと言うのです。

平日ジムに通うためには、トレーニング時間を確保しなければなりません。ジムの行き帰りやトレーニング時間を考えると2時間は欲しいところです。

忙しいビジネスマン、2時間を確保するためには無駄を極力省く必要が出てきます。仕事の管理や日常のスケジュールの管理を徹底しないと時間を作ることは難しいでしょう。

マネジメントスキルは筋肉より先に身に着く

ジムに通うための仕事の調整、スケジュール管理がセルフマネジメント(自己管理)力の向上につながります。それが仕事の質を上げる結果へとつながっていると言えます。

こうしたスキルは、筋肉よりも先に身につきます。そして確実にいい影響となり仕事に現れます。ジム通いが筋肉だけでなく、ビジネスに役立つ「ビジネス筋」を鍛えることに役立つのです。

友人は、このビジネス筋が鍛えられ、成果となって現れているのだと思います。

会費は高くても、健康面、ビジネス面でのリターンが大きい

大手のジムの場合、月々の会費が1万円以上するところがほとんどです。安くはないかもしれませんが、そのリターンは金額以上のものがあると思います。

ジム通いが、あなたの筋肉だけでなく、セルフマネジメント力を強化してくれます。その能力は間違いなくビジネスに役立ちます。どうでしょう、ジムに通って男としてのグレードをアップしてみませんか。リターン確実な自己投資をしてみませんか。

参考書籍

<著者プロフィール>

■真田雅人(さなだ・まさと):
山形県出身。フルコンタクト空手歴20数年、ウエイトトレーニング15年。幼少の頃は肥満でいじめられっ子。内向的な性格と肥満体型というコンプレックスを克服するため、ダイエットを始めると同時にフルコンタクト空手の道場に入門する。10ヶ月で30キロダイエットに成功。その後、上京し編集プロダクションに勤務。格闘技の書籍・ムックの企画編集に携わる。多くの武道家、格闘家を取材し交流を深める。そうした交流の中で、多くの格闘家が心身の鍛錬としてウエイトトレーニングを行なっていることを知り、自身でも始めたところメンタルの安定・成長につながることに気がつく。「筋トレは最高のメンタルトレーニング」が持論である。

この記事に関連するキーワード