メニュー

2018.08.11

原因と種類を知ることから始める!細菌系の“夏の食あたり”って何?

KenCoM編集部

記事画像

暑い季節は、冷たいものや生ものが美味しい季節で、たくさん食べたくなりますよね。

しかし、食べ過ぎるとお腹を壊してしまうこともしばしば。中でも注意したいのが「夏の食あたり」です。食事由来で細菌に感染してしまうと、強い腹痛を伴うこともあります。

では、どうしたら「夏の食あたり」を避けることができるのか?その原因と対策方法をKenCoM監修医の石原藤樹先生に伺いました!

「夏の食あたり」とはそもそもどんなもの?

細菌感染型の胃腸炎です!

石原先生「そもそも食あたりとは、食物やその食物が接触した食器やまな板などから、細菌、ウイルスなどに感染してしまうことが原因で起こる感染性の胃腸炎です。

食あたりの原因は主にウイルスと細菌の感染によるもので、夏の食あたりは細菌感染が多いのが特徴です。以下に簡単にその特徴をまとめました」

細菌感染による食あたり

夏に多く発生する。細菌が身体の中に入り、増殖することで引き起こされるもの

ウイルス感染による食あたり

冬に多いのがウイルス感染。身体に入りこんだウイルスが増殖し、症状を発症する。ノロウイルスやロタウイルスによるものはその代表。食物由来とは限らず、人から人にトイレなどで感染し、大流行を起こす。

下痢や腹痛、発熱といった症状を引き起こします!

石原先生「身体の状態や免疫の状態にもよりますが、食あたりを引き起こす細菌は、身体に入ると腸内で増えていきます。そのメインは大腸です。ですから腹痛や下痢などを引き起こし、ひどい場合には発熱を伴います」

夏の食あたりの種類を知ろう!

記事画像

石原先生「ここで、代表的な細菌性の食中毒の種類についていくつかご紹介します」

腸炎ビブリオ

昔は食中毒の代表的なものだった細菌。お刺身などの魚介類からの感染で、水溶性、食塩濃度の高い場所で繁殖し、温度の高いほうが増殖する。原因は食品管理のずさんさからくるもので、10℃以下に冷やしておくことで対策ができるため、最近では発生は減少している。

【症状】下痢、腹痛、嘔吐、発熱など

【潜伏期間】8~24時間と短期

サルモネラ菌

牛、豚、鶏などが保有している菌で、温度が高いほうが増殖しやすい。そのため生肉を常温やそれ以上の温度で放置するなどすると、菌はどんどん増殖していく。

【症状】嘔吐、下痢、38℃前後の発熱など

【潜伏期間】6~72時間ほどだが、長期に渡って保菌してしまう場合もある

カンピロバクター

生肉による感染や、生肉を調理したまな板などから感染してしまうもの。特に鶏肉が多く報告されている。肉をしっかり焼いて調理すれば問題ない。また、ペットの排泄物や、井戸水から感染することもある

【症状】下痢、腹痛、発熱。血便を伴う場合もある

【潜伏期間】1~7日と他の菌に比べて長い

病原性大腸菌食中毒

大腸菌は普通に腸にいる常在菌ですが、病原性を持つ特殊な大腸菌は食中毒の原因となる。その代表がO-157。加工食品や生野菜、井戸水などから感染する。

【症状】下痢、腹痛、発熱。しばしば血便を伴う

【潜伏期間】食後1から数日

食あたりの予防と、なってしまった後の対処

記事画像

夏に多く発生する細菌性の食あたりは、生食や生肉の調理過程、保管方法などが原因で引き起こされるものが多いと分かりました。

次の記事では、具体的な予防方法や、食あたりになってしまった後の対処方法について教えていただきます。

監修者プロフィール

■石原藤樹(いしはら・ふじき)先生
1963年東京都渋谷区生まれ。信州大学医学部医学科、大学院卒業。医学博士。研究領域はインスリン分泌、カルシウム代謝。臨床は糖尿病、内分泌、循環器を主に研修。信州大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科を研修の後、1998年より六号通り診療所所長として、地域医療全般に従事。2015年8月六号通り診療所を退職し、北品川藤クリニックを開設、院長に就任。著書に「誰も教えてくれなかったくすりの始め方・やめ方-ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ-」(総合医学社)などがある。

(取材・文/KenCoM編集部)

この記事に関連するキーワード