メニュー

2018.09.07

夜のウォーキングの後に!遅い夕食にオススメレシピ【爽快!健康ウォーキング#18】

KenCoM公式:トレーナー・河村玲子

記事画像

仕事後や夜遅くにウォーキングをした後の夕飯、皆さんはどうしていますか?
遅くなるからと抜いてしまうのはもちろんNGですが、ウォーキング後のビールはうまい!といって乾杯するのもオススメできません。
今回は、夕飯が遅くなっても安心して食べられるオススメレシピを紹介します。パサつきがちな鶏むね肉も、火の通し方を工夫すれば美味しく食べられますよ。

しっとり鶏むね肉のキムチポン酢

【材料】(2人分)

・鶏むね肉 1枚(皮を除いて200g)
・もやし 2/3袋
・きゅうり 1本
・キムチ 適量
・白ごま 適量
・ポン酢 適量

【作り方】

記事画像

1: 鶏むね肉を常温に戻し、皮を除く。1/2の厚さになるように包丁で切り込みを入れてひらく(観音開き)。

記事画像

2: 大きめの鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰させる。

記事画像

3: 2に1を入れてすぐに火を止め、蓋をして20~30分放置する。その後、取り出したら2センチ幅の斜め切りにする。

記事画像

4: 鶏むね肉を茹でた湯を捨てずに再度沸騰させ、塩と酢(分量外)を入れてもやしを茹でる。流水で冷やし、ざるにあげて水気をきる。きゅうりはスライサーまたは包丁で千切りにする。

記事画像

5: 皿の上に4の野菜、3の鶏むね肉、キムチを乗せ、白ごまをふる。ポン酢をかけたら完成!

脂肪ほぼ無し!ヘルシー料理で遅い夕飯もOK

いくらウォーキングをしたとしても、遅い時間に高カロリーなものを食べてしまえば肥満の原因になります。今回紹介したレシピは、ほぼ脂肪なしなのにたんぱく質がたっぷりのヘルシーレシピです。
火を通した鶏むね肉は冷蔵庫で2日ほど保管できます。
たれは焼肉のねぎ塩だれにしたり、野菜をきのこに替えたり、麺類の上にのせたりと幅広く使えて便利です。ぜひお試しくださいね!

著者プロフィール

記事画像

■河村玲子(かわむら れいこ)
パーソナルダイエティシャントレーナー(管理栄養士×トレーナー)、ボディーメイク、健康サポートを行う管理栄養士×パーソナルトレーナー。
脱サラ後、北米に渡りダイエットビジネスの視察、トレーナー活動をした後、帰国して日本にて活動を始める。現在トレーナーとしては、ティップネス蒲田・渋谷にて月に130セッションのトレーニング指導を。管理栄養士としては『Tarzan』や『anan』のレシピ作成や監修、アスリートの栄養指導など、運動、栄養両面のプロフェッショナルとして幅広く活躍している。(株)SAWAKI GYM 栄養アドバイザー。ティップネスアスリート支援事業 管理栄養士。(株)HandY スポーツセクション 管理栄養士。2018年5月タツミムック刊「やせ習慣が身につく ラクうま鶏ささみ料理」 を監修。