メニュー

2018.05.17

股関節の外側をゆるめ、可動域を広げるストレッチ【ぐっすり快眠ヨガ#17】

KenCoM公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

忘れられがちな、股関節外旋筋群をゆっくり伸ばす

股関節を柔らかくしようと思うと開脚ばかりに目が行きがちですが、実は外側についている筋肉も緩めないと可動域は思うように広がりません。
また、股関節外側の筋肉はお尻の奥で腰の筋肉とつながっているため、ここが緩むと腰への負担も減ると言われています。
ぜひいつもの開脚系ストレッチに合わせて、このストレッチも行ってみましょう。腰回りから股関節がグっと楽になるのを感じますよ。

【HOW TO】

記事画像

① 床やベッドで仰向けに寝る。

記事画像

② 両腕を左右に開いて手のひらを床に着け、両膝を立てる。

記事画像

③ 右足を上げて右くるぶしを左膝にかける。

記事画像

④ 左膝を内側に倒したら、右足をかけたまま左足を外側に引き、頭から左膝が一直線になる位置に持っていく。お尻の奥から腰にかけての筋肉が伸びているのを感じる。その姿勢で5呼吸したら、膝立ち姿勢に戻し、左右を変えて行う。

【ONE POINT】

記事画像

膝を内側にそのまま倒してしまうと腰が捻られるばかりで、股関節の外旋筋を伸ばすことができません。
また、頭と膝の位置を一直線にした際に、腰や背中が浮かないように注意しましょう。

動画を見ながらご一緒にどうぞ

■過去の快眠ヨガはこちらからどうぞ

■過去の連載『3分オフィスヨガ』もどうぞ

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。