メニュー

2018.04.26

血行を促進しむくみ解消を助ける、おでこをつけたバッタのポーズ【ぐっすり快眠ヨガ#14】

KenCoM公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

丸まった身体を夜ヨガでリセット

人は意識しないと前かがみになって身体を丸めてしまいがち。あまりにその動きが習慣づいてしまうと、若いうちから背中が丸くなるケースもあります。
寝る前に、リセットのつもりで背中を反る『バッタのポーズ』を行なってみましょう。背筋が伸びるだけでなく、血行が促進されることで元気も出てきますよ!
さらに床に接する内臓もマッサージできて、便秘のケアにもなります。

一般的なバッタのポーズと違い、頭をつけたまま行うので、肩や首を傷める心配もありません。

【HOW TO】

記事画像

① ベッドやマットの上にうつ伏せに寝る。腕は体側に伸ばし、手のひらは天井へ向ける。

記事画像

② 両足の踵をつけ、息を吸いながら脚を伸ばして天井方向へ上げていく。足は遠くに伸ばすイメージにすると、腰への負担がかかりにくい。5呼吸したら下ろす。3セット。

記事画像

③ 下半身を伸ばしたカウンターとして、腕を枕にして休む。全身脱力すること。そのまま寝てもよい。

【ONE POINT】

記事画像

足を上げるときに両足を広げてしまうと、腰を痛める原因になります。しっかり踵同士をつけて上げていきましょう。
また、勢いよく上げるのも厳禁。呼吸に合わせてゆっくりと上げるようにしましょう。

背中側を動かすことで、背中についた贅肉にもアプローチできますよ。

動画を見ながらご一緒にどうぞ

■過去の快眠ヨガはこちらからどうぞ

■過去の連載『3分オフィスヨガ』もどうぞ

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。