メニュー

2018.03.15

腰痛対策と、快眠のリラックスを同時に得られる橋のポーズ【ぐっすり快眠ヨガ#8】

KenCoM公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

リラックスと腰痛対策のW効果

昔からヨガのポーズの中でも、特に快眠につながると言われているのが今回紹介する『橋のポーズ』。
単に快眠につながるだけでなく、腰回りを刺激することで腰痛の予防にもつながるのが良いところです。
また、女性なら股関節周りの血流改善によって、月経の痛みを緩和するなどの効果も伝えられています。
まだまだ寒さが続きます。なかなか寝付けない夜に、試してはいかがでしょうか?

【HOW TO】

記事画像

① ベッドやマットの上にリラックスして仰向けに寝る。

記事画像

② 膝を自然な角度で立てる。足は親指同士をつけて踵側を広げ、ハの字型にする。腕は体側で、手のひらを下に向けてリラックス。

記事画像

③ 両足の内側と腕を床の方に押していき、お尻を天井方向へ持ち上げる。お尻は固くせず、柔らかく引きしめるように。顎を下げすぎないように注意。そのまま大きく3〜5呼吸繰り返す。

記事画像

④ ゆっくりとお尻を床に戻していく。

記事画像

⑤ 両足を伸ばして寝姿勢に。そのまま眠れる場合はおやすみなさい。

【ONE POINT】

記事画像

もしもお尻を上げたときに余裕があるようなら、両手を骨盤の下で組んで、肩で身体を支えるようにしてみましょう。

記事画像

さらに余裕があれば、踵もあげるとポーズの効果が増します。
膝から肩までが一直線になるように意識しましょう。

動画を見ながらご一緒にどうぞ

■過去の連載『3分オフィスヨガ』もどうぞ

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。