メニュー

2018.02.07

寒い日の食卓に欠かせない!和食の基本・生姜の知識【男の和ごはん生姜編】

KenCoM編集部

記事画像

2月に入ってから、寒い日が続きますね。
真冬の空模様が続く時は、食事で冷え切った身体を温めたいもの。そんな時、食卓に添えたいのが生姜です。
煮物や汁物、炒め物と、色々な和食レシピを引き立ててくれます。

今回は生姜の知識について、KenCoMで好評連載中の管理栄養士・圓尾和紀さんにお聞きしました。

生姜と日本食の歴史は、はるか昔から

記事画像

今ではすっかり食卓の定番となった生姜。すりおろしたり、刻んで細かくしたりと、薬味として大活躍してくれているのではないでしょうか。
実はそのルーツ、何世紀も前に遡るようです。

「中国より日本に生姜が伝わったのは2~3世紀頃。そして奈良時代に栽培が始まったといわれています。その独特の風味で魚の生臭さを消してくれるため、昔から刺身や寿司、煮物などと合わせて食されてきました。現在では、食用以外に風邪薬や鎮痛薬の漢方剤に配合することもありますね」(圓尾さん)

幅広く使われる生姜。その栄養はどんなものが含まれているのでしょうか?

生姜には健康に役立つ栄養素がたっぷり含まれてる!

「香り成分のガラノラクトンや、辛味成分のジンゲロールには血管を拡張させて血流を良くする効果があるとされています。こうした成分の働きによって身体が温まるので、冷え性や肩こりなどに効果が期待できます。他にも脂肪燃焼を促進したり、LDLコレステロールが増えるのを抑え、HDLコレステロールが減るのを防ぐ働きのある優れた食材なんです。日本でつくられる上質な金時生姜は、前述のジンゲロールが普通の生姜の4倍も含まれているのでおすすめですよ」(圓尾さん)

これまでなんとなく、身体にいいと思っていた生姜。栄養素を紐解くと、身体の健康を整えてくれそうな成分が含まれています。
冷えや風邪などで寒気を感じたときに、生姜を摂りたくなる理由が分かってきました。

「寒いと感じているときは、生姜に熱を加える調理をしましょう。辛味成分のジンゲロールは、熱を加えると一部が身体を温める作用の強いショウガオールに変化します。風邪の原因となる細菌と戦う作用もあるので、上手に摂取するようしたいところ。そこで今回は、一番シンプルな生姜湯をご紹介します」(圓尾さん)

お腹からじんわり温まる「生姜湯」

記事画像

お湯と生姜、蜂蜜だけでつくる素朴な味わいの生姜湯です。
身体が冷えたと感じたときに飲むと、お腹の中からぽかぽかと温まってくるのが感じられますよ。

【材料】(1杯分)

・お湯 100cc
・生姜 すりおろしで小さじ1/4程度
・蜂蜜 お好みで

【作り方】

記事画像

1:生姜はスプーンを使って皮をむく(皮ごと入れると辛味が強くなるが、栄養は皮のまわりにあるので、スプーンで薄く刮げ取るように)。

記事画像

2:すりおろして湯に入れ、お好みで蜂蜜などの甘味をつけたら出来上がり。

知っておくと役に立つ?生姜の小話

記事画像

「一般的な生姜は「ひね生姜」といって、前年に植え付けたものを貯蔵して出荷されるので一年を通して買うことができます。収穫期は9〜10月頃で、新生姜の旬は夏です。普段使いでは乾燥に気をつけるのがポイント。生姜は乾燥に弱いため、使い切れずに残った場合は、小皿や瓶などに水を張って丸ごと漬けておくといいですよ。毎日水を替えれば一ヵ月ほどは持ちます。すりおろしなら、小分けにして冷凍保存してもいいですね。ぜひお試しください」(圓尾さん)

和食の基本「生姜」で冬を乗り切ろう!

記事画像

和食に欠かせない、生姜の知識はいかがでしたか?
2月の「男の和ごはん」シリーズは、生姜を使ったレシピを公開していきます。
食事の寒さ対策をして、冬を健康的に乗り越えましょう!

圓尾和紀(まるお・かずき)

記事画像

“日本人の身体に合った食事を提案する”フリーランスの管理栄養士。日本の伝統食の良さを現代の生活に活かす「和ごはん」の考え方を伝えている。『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』がワニブックスより発売中。

この記事に関連するキーワード