メニュー

2018.02.08

わき腹のたるみ対策に!腸と体側を刺激するストレッチ【ぐっすり快眠ヨガ#3】

KenCoM公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

腰のひねりで身体の側面と腸に刺激を与える

生活習慣の変化によって、男女ともに便秘の方は増えています。また、身体を動かす機会も減って、洋服にぷにっと脇腹のお肉が乗ってしまうなんていう事態も増えているそうです。
これらを同時に解決でき、さらに副交感神経を優位にすることで快眠にもつながるストレッチが、今回紹介する『腸と体側のひねりストレッチ』。
パタパタと行ううちに、全身がリラックスしていくのを感じられるはずですよ。

【HOW TO】

記事画像

① ベッドやマットの上にリラックスして仰向けに寝る。

記事画像

② 両腕を肩と平行に左右に広げ、膝を自然な角度で立てる。膝と両足は揃えておく。

記事画像

③ 股関節から下の力を抜きながら、ゆっくりと脚を左側に倒す。その際に、膝と膝は無理に揃えなくて良い。倒しきったところで大きく3呼吸。

記事画像

④ 息を吸いながらゆっくりと脚に力を入れて元の位置に戻す。

記事画像

⑤ 今度は同様に反対側を行う。体側を伸ばしつつ、腸への刺激を楽しむ。2往復程度行う。

記事画像

⑥ 腕を体側に戻しながら膝を伸ばして寝姿勢へ。そのまま眠れる場合はおやすみなさい。

【ONE POINT】

記事画像

無理に膝を合わせようとしたり両足を床から離して倒したりすると、刺激が強すぎて副交感神経を優位な状態にできない場合があります。
あくまで力を抜いて、リラックスして取り組んでみてください。
便秘へのいい刺激になりますよ。

動画を見ながらご一緒にどうぞ

以前の連載『3分オフィスヨガ』もオススメ!

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。