メニュー

2018.01.28

「時短掃除」を実現する環境づくり2つのワザ|床にモノをおかない状態に近づくテクニック

東洋経済オンライン

掃除をしやすくするために(写真:iammotos/iStock)

参照元:http://toyokeizai.net/articles/-/205559?utm_source=deschl&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=article

掃除をしやすくするために(写真:iammotos/iStock)

ハンガーやフックで吊るしてみる

掃除機をかけるときに邪魔になる、床に散らばったスリッパは、壁にタオル掛けハンガーを取りつけて引っ掛ければ、掃除がスムースになります。

テレビの後ろのケーブル類も、床に広がっていると掃除がしにくいので、結束バンドやスパイラルチューブなどを使ってまとめ、フックでTV台の裏に吊るしています。

同じように、浴室の洗剤やスポンジもフックにかけておきましょう。フックは扉の裏にかけてもよいですし、ステンレスパイプにS字フックをかけるのもオススメです。

吊るしておけば、掃除の際にいちいち物をどかす必要がなくなる上、台に置いたときと比べて、カビ防止にもなります。

床に置く重いものはキャスターに乗せて「可動式」に

大きな観葉植物は、床に置くしかないですが、掃除のたびに「よいしょ」と持ち上げるのも大変。私の家では、キャスターの付いた台に乗せて簡単に動かせるようにしています。

同じように、床に置いているゴミ箱もキャスター付きのものに変えるのがオススメです。片手で移動させながら掃除できれば、かかる時間も労力も大きく削減できます。

(文・記事中写真:本間 朝子)

マイカジスタイルの関連記事

【おそうじペコさん】使い捨てグッズで、掃除の後片付けを時短しよう

【おそうじペコさん】家事の「時間貯金」で、自分自身を気遣おう

水垢・ニオイの原因は?加湿器の掃除方法

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

記事画像

マイカジスタイル

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します