メニュー

2017.12.28

ガンコな肩こりをほぐしたい!イスde三角筋ストレッチ【3分オフィスヨガ#17】

KenCoM公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

肩甲骨の位置を変えて、肩周りの筋肉をほぐす

肩がこった時、一般的に行なわれるのが、片手をもう一方の手で抱え込むようなストレッチではないでしょうか。肩の側面が伸びてとっても気持ちいいですよね。
ただ、このストレッチだけだと全ての筋を一度に伸ばせないため、肩こりを一気に解消とはいきません。

そこで今回は、定番の肩伸ばしを、3方向に方向を変えながら行う変則的なストレッチに挑戦してみましょう。
毎日行うと、すっと肩が軽くなりますよ。

【HOW TO】

記事画像

① イスに深く腰かける

記事画像

② 左腕を、肩から内側に持っていく。右手を90度曲げて前腕部で軽く左腕を抑える。そのまま10秒程度キープ。

記事画像

③ 右腕を90度の角度を維持したまま上げていき、左腕を右斜め上に押し上げる。ここでも10秒ほどキープ。

記事画像

④ 右腕を今度は下げていき、左腕を押し下げる。ここでも10秒キープ。その後左右を変えてもう1回。

【ONE POINT】

腕を3方向に動かすことで、肩の横にある三角筋を幅広く伸ばすことができます。
3方向試してみて、伸ばしにくい方向があったら、そこだけをもう1度念入りに行うと肩周りがスッキリしてきます。

注意点としては、痛気持ちいいレベルに止めること。
腕は力を入れやすいため、ついついやり過ぎてしまいがちです。 無理に引き寄せないようにしましょうね。

動画を見ながらご一緒にどうぞ

■過去のポーズ・ストレッチはこちら

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。

この記事に関連するキーワード