メニュー

2017.08.05

自宅で簡単筋トレ!ながらトレーニングで脇腹をシェイプする方法【今日の筋トレ20】

KenCoM公式ライター:真田雅人

今日の筋トレ:「ベント・レッグツイスト」寝ながら脇腹を鍛える!

記事画像

テレビを観ながら、音楽を聴きながら……何かしながらでも気軽に出来るのが「ながらトレーニング」です。

今回は、そんなながらトレーニングの1つ、たるんだ脇腹(腹斜筋)をシェイプする「ベント・レッグツイスト」をご紹介いたします。

好きなことを楽しみながらで構いませんので、ぜひチャレンジしてみてください!

ベント・レッグツイストの基本フォーム

記事画像

1.仰向けに寝る。
2.床にしっかり手をつく。
3.両脚を揃えて脚を上げ、股関節の角度を90度くらいにする。
4.膝を曲げ、膝の角度を90度くらいにする。
※足首の角度は90度で。辛ければ多少角度をつけるように調整する。

記事画像

5.股関節、膝の角度をキープしながら、お腹を中心に体を左右に大きくひねる。
6.動かすのは肩甲骨が床から離れない範囲。勢いがつかないよう、ゆっくりと動かすこと。
7.次に、お腹を支点にして反対側に大きく体をひねる。
※このときお尻が浮いてしまうと、身体が丸まりすぎて腰に負担がかかるため注意する。

記事画像

8.往復で1回とし、初心者は20回×2セットを目安に行うようにしましょう。

スピーディーに行わず、筋肉に効かせるようゆっくりと行うのがコツです。

合間を見つけてマメにトレーニングしよう!

脇腹のぜい肉は非常に落ちにくいことで知られています。腹斜筋を刺激してぜい肉を落とすためには、コンスタントにトレーニングを行う必要があります。

ちょっとした隙間時間を見つけて、マメにトレーニングを行なってみてください。それが最短で結果を得る方法ですよ!

※普段の生活の中で、腰や背中に痛みのある方は、無理をしてトレーニングを行わないようにしましょう。

参考文献

<著者プロフィール>

■真田雅人(さなだ・まさと):
山形県出身。フルコンタクト空手歴20数年、ウエイトトレーニング歴15年。幼少の頃は肥満でいじめられっ子。内向的な性格と肥満体型を克服するため、16歳のときにダイエットを始めると同時にフルコンタクト空手の道場に入門する。10ヶ月で30キロダイエットに成功。その後、上京し編集プロダクションに勤務。格闘技の書籍・ムックの企画編集に携わり、多くの武道家、格闘家を取材し交流を深める。多くの格闘家への取材を通して、彼らが心身の鍛錬としてウエイトトレーニングを行なっていることを知り、自身でも始めたところメンタルの安定・成長につながることに気がつく。「筋トレは最高のメンタルトレーニング」が持論である。

この記事に関連するキーワード