メニュー

2017.03.06

旅で人生が変わった!全日本チャンピオンから大学教授への転機とは?【健康旅特集②】

KenCoM編集部

記事画像

健康になる旅を研究する、琉球大学大学院観光科学科教授の荒川雅志先生。荒川先生は、体に不調がないという意味での「健康(health)」ではなく、豊かさや幸せも含めた「健康(wellness)」を目指して旅を活用すべき、と主張されます。
それでは、荒川先生ご自身のこれまでの「旅」とは、これまでどのようなものだったのでしょうか?パワーリフティング全日本インカレチャンピオンから大学教授へと転身を図った、ご自身の人生の旅路についてお伺いします。

▼前回の記事はこちら

<お話を伺った方>

記事画像

■荒川雅志(あらかわ・まさし)先生 琉球大学観光産業科学部・観光科学研究科教授

1972年福島県生まれ。大学時代に始めたパワーリフティング競技で全日本学生選手権(56kg級)優勝、アジア選手権代表に選出された。卒業後は、トレーナーとして従事。その後、琉球大学大学院教育学研究科修了、福岡大学大学院医学研究科社会医学系修了。医学博士。長寿者のライフスタイル研究、沖縄健康素材の研究、地域資源を生かした日本型ヘルスツーリズムのモデル開発を全国で行う。日本の大学で初の「ヘルスツーリズム論」専門科目を開講。ヘルスツーリズム研究の第一人者、海洋療法学者。

旅で人生が変わった?!

目的を決めない沖縄への旅が、人生を変えた

――それでは、次は荒川先生ご自身の人生の旅についてお伺いさせてください。

記事画像

僕は高校卒業後は、東京の大学の文系学部(史学部)を卒業したんです。また、学生時代はパワーリフティングというスポーツをやっていました(編集部注:インカレ全日本チャンピオンに輝いたそうです)。
それで、卒業後はパーソナルトレーナーとして仕事を始めたのですが、27歳のときに、ちょっと疲れちゃったんですね。で、リセットの旅に、ある日突然、沖縄へ。
何にも決めてなかったんですよ。

記事画像

――何も決めてなかったんですか?!

記事画像

そうなんです。で、沖縄で何かやろうと移住を決め、運動をテーマに改めて勉強し直そうと思って、琉球大学の大学院生になりました。最初は生涯の健康を考える地域保健について研究し、それから、琉球大学大学院修了後は福岡大学大学院の医学研究科に進学しました。沖縄は当時まだ日本一の長寿県でしたので、沖縄の100歳長寿者の秘密を探る研究を続けました。ただ、研究素材は沖縄にあったのですが、福岡大学に在籍し、研究は福岡で。当時、沖縄で結婚したこともあったので、4年間沖縄と福岡を飛行機で往復する生活をしていました。

新学科立ち上げのチャンスをつかんだ

観光立国を目指す国の政策から、沖縄に観光学科発足

――タフですね!

記事画像

その後、福岡大学で博士号を取ったあと、生活拠点もある沖縄での研究職を探していたんですが、その時ちょうど琉球大学で学科新設する話を聞きつけたんですよ。
観光立国を目指した国が打ち出した政策の中の1つで、日本の国立大学に観光をテーマにした学科を作りたいという背景があったんです。文部科学省から琉球大学に「観光学科を作りなさい」というお達しがあって、人材を探していたタイミングだったんですね。

それで、私もかなり周到に準備をして、晴れて2005年、新学科設立の際に教員として就任することができました。
そして、それまでのライフワークであった健康と、観光というテーマを掛け合わせた“ヘルスツーリズム”をメインテーマとしました。日本の大学としては初めて“ヘルスツーリズム”の講座を立ち上げたんです。

カリキュラムもなければ学閥もない。何もないまっさらな状態から、始められたことも幸運でした。
沖縄にはやはり素材があるので、それもよかったですね。

旅で人生リセットが果たせました

――なるほど!紆余曲折あって今の場所に辿りつかれたんですね。

記事画像

そうなんです。この沖縄に居場所を見つけました。
沖縄の力で人生リセットを果たせました。旅で人生が変わったんです。

――旅の効能ですね。

記事画像

はい。人生を変えた旅でした。
旅って「行って悪かった、行くんじゃなかった」という感想を持つ人って、ほとんどいないですよね。
旅は構想するところから始まります。実はそこから効果も始まっているんです。構想するだけでワクワクします。そして、一歩を踏み出す。
この記事を読む方にも、ワクワクする旅を構想し、そして一歩を踏み出していただきたいです。

旅の本質は、魂の癒しです。人類最古の旅は巡礼の旅と言われています。
旅を、今の自分を変えるきっかけとしてください。
ライフスタイルを、人生を変える旅に必ずなるはずです。

――人生を変える旅に!素晴らしいですね。

第2回は、荒川先生自身の人生を変えた旅についてお伺いしました。ふいに訪れた沖縄で、彼の人生は大きな転機を迎えました。
人生には、その後の道を切り開くような旅があるものなのかもしれません。
また、運命の女神には前髪しかないと言います。やってきたチャンスをすばやく着実にキャッチすることが、運を切り拓くコツなのかもしれませんね。

では、第3回次回は、具体的な旅の仕方についてお伺いしたいと思います。心躍るワクワクする旅を多数ご紹介します。3月10日(金)公開予定です。

(取材・文・撮影:KenCoM編集部)

記事画像

▼前回の記事はこちら

この記事に関連するキーワード