メニュー

2021.11.30

頭ほぐし/ほおのたるみを引き上げるポーズ【1分楽トレ】

ワコール ボディブック

老けたイメージや疲れた印象を与えてしまう、顔のたるみやゆがみ。これらは慢性的な頭のコリが原因のひとつかも!? 最近は、マスク生活で耳まわりが緊張し、頭皮やその奥の筋肉がよりいっそう固くなっている人も増えています。

そんなコリに効くと話題の村木流「頭ほぐし」。エイジングデザイナーの村木宏衣さんに教えてもらいます。

*頭ほぐしとは

顔のたるみや頭部のゆがみは、頭のコリに大きな原因が。村木流「頭ほぐし」は、筋肉の奥深くからほぐして、頭蓋骨や顔のたるみにアプローチします。「頭ほぐし」は、1分間のポーズでもその日のうちにリフトアップを実感しやすいのも特徴。頭部の血液やリンパの流れがよくなるので、美肌も期待できます。

初回は、リフトアップに重要な耳上の筋肉をほぐしましょう。

1.親指をこめかみ近くの髪の生え際に置き、残りの指で後頭部をつかむ。

2.親指で頭を斜め上に引っ張り上げながら、「あ」と「む」の口で大きく開閉、「あむあむあむ」と10秒繰り返す。側頭筋全体がほぐれるように、親指の位置を下の写真の5か所に変えながらほぐす。

<ここをほぐす! 側頭筋>

●ココがポイント!
側頭筋は、こめかみから扇状に広がる筋肉。食いしばりの筋肉の代表ともいわれる部分で、ここが凝り固まっていると頬がたるんできて暗い印象を与えてしまいます。しっかりほぐすことで、側頭筋の弾力を取り戻して、フェイスラインを引き上げる力をアップさせましょう。

指導/村木宏衣
撮影/丸山涼子
取材・文/大庭典子

むらき・ひろい

1969年東京生まれ。エステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務を経て、独自の「村木式整筋」メソッドを確立。筋肉・骨格・リンパにアプローチするオリジナルの理論と手法で、リフトアップ、小顔、美髪、ボディメイキングなど、女性の悩みを解決する美のスペシャリスト。2018年には自身のサロン「Amazing♡beauty」を開設。著書に『10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし』(主婦の友社)など多数。新刊『10秒で疲れがとれる 奇跡の目元ほぐし』(主婦の友社)も好評発売中。

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します