メニュー

2021.02.18

【今日のダイエット献立】内側からポカポカに!アップルジンジャーポークソテー献立<510kcal>

ダイエットプラス

ダイエットを意識して食事を減らしすぎると、代謝が悪くなってしまうなんてことも…。実はきちんと栄養を摂ったほうが、代謝をスムーズにすることができるのです。今回は、代謝アップが期待できるダイエット献立を紹介します。

今日の主菜はこれ!

アップルジンジャーポークソテー<221kcal>

生姜は新陳代謝を促進し、身体の内側から温めてくれる効果があるとされています。寒い冬は食材のパワーにも頼って身体を温めることもオススメです。

【材料(1人分)】
豚もも肉 80g
生姜 ひとかけ
りんご 中1/8個(30g)
醤油 小さじ1
サラダ油 小さじ1/2
サニーレタス 2枚
ミニトマト 2個
ベビーチーズ 1/2個
★穀物酢 大さじ1
★砂糖 小さじ1/2
★塩 少々
★こしょう 少々

この副菜と主食をチョイス!

小松菜のペペロンチーノ<58kcal>

カルシウムが豊富な食材・小松菜は、積極的に摂りたい野菜です。小松菜といえば和風なイメージですが、ペペロンチーノにすることで代謝促進作用が期待できるカプサイシンを含む唐辛子も一緒に摂れます。

【材料(1人分)】
小松菜 3株
オリーブ油 小さじ1
にんにく 1/2片
塩こしょう 少々
唐辛子(輪切り) 少々

かぼちゃのピーナッツバター和えサラダ<99kcal>

スイーツ代わりとしても食べられる、かぼちゃの甘みを活かしたサラダです。調味料にピーナッツバターを使用することで、塩分を使用することなく美味しくいただけます。このような料理を1品取り入れると、塩分控えめな献立を立てやすくなります!

【材料(1人分)】
かぼちゃ 1/16個(80g)
水 小さじ1
ピーナッツバター 小さじ1
シナモン(お好みで) 少々

ライ麦パン<132kcal>

噛み応えのあるライ麦パンは、通常の食パンに比べて食物繊維が多く含まれています。ダイエット中に食事量を抑えると食物繊維の摂取量も少なくなってしまう可能性があるので、食物繊維が豊富な食材を選ぶことができるとよいでしょう。

献立の栄養バランスを要チェック!

ダイエット中に不足しがちな栄養素を補える!

★栄養バランスのポイント★

ビタミンB1:糖の代謝を促進する栄養素です。不足すると疲れやすさ、イライラの原因にもなりかねないので、ダイエット中でもしっかり摂ることができるとよい栄養素です。

ビタミンC:美肌に欠かせないコラーゲンの生成に関わる栄養素です。強い抗酸化作用もあるので、アンチエイジング効果が期待できます。

食物繊維:整腸作用、血糖値の上昇を緩やかにする働きが期待できます。また、脂質や糖、ナトリウムを吸着して排泄してくれる働きがある栄養素です。

管理栄養士からアドバイス

寒い季節は身体の内側から温めよう!

代謝を促進してくれる食材である生姜、唐辛子を使用した、体を温める献立をご紹介しました。身体を内側から温め、代謝アップを目指してみてはいかがでしょうか。

・日本食品標準成分表2020年版(八訂)

(著者:森本 芙好 (管理栄養士))

記事画像

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します