メニュー

2021.02.13

今日から実践できる!節約につながる買い物の仕方【日用品編】

kencom公式:ライフオーガナイザー® ・門傳奈々

記事画像

生活する上で欠かせない買い物ですが、中でも日用品や食料品を買う機会は多いですよね。その際、毎回なんとなく買い物していませんか。

買い物に対する視点をちょっと変えてみるだけで、買い物の仕方やお金の使い方、時間の使い方も変わってきます。そこで今回は「日用品」の節約につながる買い物の方法をお伝えします。

「日用品」の買い物で無駄遣いをしてしまう失敗パターン

節約につながる日用品の買い方をお伝えする前に、普段の日用品の買い物で無駄遣いをしてしまう原因や行動パターンを考えてみましょう。次に紹介する2つは、実際にしている方も多いのではないでしょうか。

「まとめ買い」の失敗パターン

記事画像

誰しも「まとめ買い」をした経験はお持ちだと思います。この「まとめ買い」も、気をつけないと無駄になってしまうことがあります。皆さんもこんな経験ありませんか?

・まとめ買いでたくさん買ったから、使う量を気にせずたくさん使う
・まとめ買いで買ったものを「余っているから」と友人に譲る
・まとめ買いしてたくさん購入した日用品のせいで、生活スペースが狭くなってしまう

これでは、まとめ買いをした意味が薄れてしまいます。

「ポイントアップデー」の失敗パターン

記事画像

実店舗やネットショップなどのポイントアップデーも「このタイミングで買わなくては」とたくさん買い物して無駄遣いにつながることがあります。

「何か買わなくては!」とストックがあるものまで買ってしまう、こんな行動は無駄遣いにつながります。

ポイントアップデーは来店客数も多いため、店も混雑しています。レジに並ぶ時間も増えて普段の買い物よりも時間がかかるということを覚えておきましょう。

買い物する前にやっておきたいこと3つ

上記で紹介したような失敗をしないためには、どうすれば良いのでしょうか。買い物に行く前にしておきたいことを紹介します。

1.「我が家の在庫量」を決める

記事画像

日用品のストック量や収納スペースに応じて「我が家の適正在庫量」を決めておくことが大切です。

家族の人数やスペースに応じて異なりますが、我が家の場合、日用品はそれぞれ1ヶ月分程度を目安にストックしておくようにし、それ以上は買わないように気をつけています。

2.ストック品の収納場所を決める

記事画像

買いすぎないためには、収納場所を決めておくことも大切です。家の中のいろんな場所にストックを置いてしまうと、全部でどのくらいあるのかを把握しきれなくなります。数がわからないので、足りない気がして余分な買い物が増えるのです。

3.定番アイテム、メーカーを決めておく

記事画像

毎回購入するメーカーが違うと、セールに踊らされてしまいがちです。「我が家の定番品はこれ!」と購入するメーカーを決めておくと、買い物の際に迷う時間が減りますし、家族にも買い物をお願いしやすくなります。

節約につながる「日用品」の買い方4つ

記事画像

では続いて、日用品を買う際に節約につながる具体的なアイデアをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.PB品を選ぶ

PBとは「プライベートブランド」の略です。小売店や卸売業者が企画し、独自のブランド(商標)で販売する商品のこと。

例えば、イトーヨーカドーやセブンイレブンなどで売られている「セブンプレミアム」シリーズはPB商品です。PB商品は、一般メーカー品よりも低価格で購入できることが多いため節約につながります。

2.底値を知っておく

普段の買い物のついでに日用品の価格をチェックしておくことも大切です。いつも買う洗剤が、その店舗で一番安く売られている時の価格を知っておくと良いでしょう。セール価格と通常価格を比較しておくだけでも、その後の買い物の仕方が変わります。

3.ポイントを貯める

日用品は必ず買うものなので、購入する店を決めてその店のポイントを貯めるのがおすすめです。

あっちの店の方が安いからと、購入店舗が複数になるとポイントが分散してしまう上に、ポイントカードの管理も煩わしくなります。買い物する店は1、2店舗に絞ると良いでしょう。

ただし先述の通り、ポイントアップデーは賢く活用する気持ちを忘れずに!

4.ふるさと納税の活用

ふるさと納税の返礼品でも日用品を受け取れる自治体がたくさんあります。ただし、ふるさと納税で受け取れる日用品は一度にたくさんの量が届くことがあります。事前にどのくらいの量が届くのかを確認し、収納場所を確保しておきましょう。

自分の行動のクセを意識しよう

記事画像

節約につながる買い物をするには、普段の自分の行動のクセを見直す必要があります。普段何気なくしている買い物も、自身の行動に注目すると節約につながるヒントが見つかるかもしれません。次の記事では「食料品編」についてご紹介します。

▼後編はこちらから

▼門傳さんの過去の記事もチェック!

著者プロフィール

記事画像

■門傳奈々(もんでん・なな)

ライフオーガナイザー®、メンタルオーガナイザー®︎、整理収納アドバイザー1級。夫と3人の子どもがいる5人家族。夫の転勤に伴い、中東、インドなどで海外生活を送った後、日本に帰国。「片づけが苦手」だった自分の経験を生かし、だれでも簡単に整理できる収納方法を提案するため、個人宅を訪問しお片づけのお手伝いをしたり、お片づけ講座、お片づけお悩みシェア会などを開催。