メニュー

2021.01.09

レース3日前からのカーボローディングにお餅!管理栄養士・麻生のRUNレシピ【力うどん】

RuntripMagazine

ランナーの皆さん、今日も走っていますか? 年が明けて、各地でマラソン大会などが開催され、出場するランナーの方も多いのではないでしょうか? レースが近づくにつれ、「カーボローディングやってみようかなぁ」「正月に余ったお餅どうしようかなぁ」と悩んでる人もいるのでは? そんな方に、本番3日前からのカーボローディングにピッタリで、しかも、正月に余ったお餅も使える高糖質メニュー『力うどん』をご紹介します!

レシピを紹介するのは、管理栄養士とパティシエが作る、カレーとキッシュとケーキのお店「キリン食堂」の管理栄養士 麻生亮です。

さっそく、作り方を見ていきましょう。

【力うどん】

・お餅→糖質が豊富で、レース3日前からのカーボローディング食材としてオススメ!

○材料(2人分)

うどん…2人前
もち…2~4個
鶏ひき肉(胸)…70g
油揚げ…1枚
わけぎ…お好みで
片栗粉…大さじ2

(つゆ)
めんつゆ(2倍濃縮)…100cc
水…500cc
※かけつゆの濃さで600ccになるように

○作り方

1.うどんを規定の時間茹でる。お餅をトースターで焼く。

2.鍋につゆ・鶏ひき肉を入れ、中火で加熱する。鶏ひき肉に火が通ったら、油揚げ・わけぎを加える。ひと煮立ちしたら、水に溶いた片栗粉を加え、とろみをつける。

3.器に、茹でたうどん・(2)・焼いたお餅を入れる。完成!

今回の力うどんは、レース3日前からの食事にオススメです。お餅とうどんでグリコーゲンをしっかり蓄えて、レースに挑んでください!『力うどん』をぜひお試しください!

記事を書いた人  麻生 亮

記事画像

【合わせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します