メニュー

2020.11.01

【3ステップで◎】疲れをリセット!お家でできる簡単ストレッチ

ダイエットプラス

仕事や家事、子育てによる日々の疲れを感じていませんか?1日の疲れは、なるべくその日のうちにリセットしたいもの。とはいえ、整体やマッサージに通うお金も時間もなかなか取れないですよね。そんな方におすすめの、お家にいながら簡単にできる、全身ストレッチをご紹介します。道具も広い場所も使わないので、手軽に行えますよ!

ストレッチの効果

ストレッチによって意図的に筋や関節を伸ばすことで、「身体の柔軟性を高める効果」が期待できます。全身の柔軟性が高まると、血流がよくなることで冷えやむくみの予防に繋がるとともに、筋肉の老化を予防し、怪我をしにくい身体づくりにも役立ちます。

さらに、女性なら誰もが憧れる「美しい姿勢の保持」や、ストレス解消に欠かせない「リラクゼーション」の効果も期待できます。

30分程度のストレッチによって、自律神経のうちの交感神経が優位になる、つまり「脳がリラックスした状態」になることが明らかになっているそうです。

お家でできる全身ストレッチのやり方

ステップ1

仰向けになり、両足をそろえ、両手を頭の上に伸ばします。

ステップ2

右足だけ少し外に開いて(30度くらい)息を吸いながら全身を伸ばします。

ステップ3

息を吐きながら上半身だけ左に倒し、うつぶせになります。息を吸いながらもとに戻して脱力。同様に反対側も行いましょう。

ストレッチを行う際のポイント

無理はしない!

ストレッチは、気持ちがよいと思う程度で行うことと、痛みがある場合には無理をしないことが大切です。反動をつけずにゆっくり伸ばし、呼吸は止めず、筋肉が伸びるのを感じながら行いましょう。

いつ行うのがよい?

疲れを感じた時やふと横になった時など、いつでも行えますが、終わった後に身体の力が抜けるので、夜なかなか眠れない時に行うのもおすすめです。全身ストレッチで気持ちよく身体を伸ばしてあげると、1日の疲れも取れて、よい眠りにつけそうですね。

まとめ

時間や道具がなくても、手軽に行えるのがストレッチの魅力の1つ。疲れや凝りを感じたら、その日のうちに行うことを習慣にして、疲れを溜め込まないようにしたいですね。

ゆっくりとした呼吸で、しっかり自分の身体を意識することで、少しの変化や自分の身体と心の状態にも気づけるかもしれません。ぜひ、試してみて下さい。

【参考文献】
・厚生労働省/ストレッチングの効果 閲覧日:2020年8月8日
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-006.html)

・健康・体力づくり事業財団/ストレッチング 閲覧日:2020年8月8日
(http://www.health-net.or.jp/tairyoku_up/undo/stretch/t02_02_06.html)

(著者:佐藤 友香 (管理栄養士))

記事画像

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します