メニュー

2019.12.27

小さな汚れも撃退!大掃除に使いたいメラミンスポンジ活用法

kencom公式ライター:春川ゆかり

記事画像

水回りの蛇口や排水溝、床の傷跡など、みなさんはどのようにお手入れをしていますか?

大掃除といえば、窓や家の壁など大きな掃除をイメージしますが、小さな場所にも汚れは案外あるもの。そんな細かい掃除には、洗剤を使わず水だけで汚れが落ちる「メラミンスポンジ」を使ってみましょう。

今回の記事では合成洗剤を使わないお掃除の専門家、本橋ひろえさんにさまざまなテクニックを伺いました。今年の大掃除では、メラミンスポンジを使って部屋の隅々まできれいに仕上げましょう!

本橋ひろえ(もとはし・ひろえ)

記事画像

北里大学衛生学部化学科(現・理学部化学科)卒業後、室町化学工業株式会社(現・室町ケミカル株式会社)にて合成洗剤製造などを担当。結婚後、掃除・洗濯・洗剤を主婦目線で、かつ科学的に解説するナチュラルクリーニング講座を開始。著書に『ナチュラル洗剤そうじ術』、『ナチュラルおそうじ大全』など。

メラミンスポンジは洗剤いらずで体に優しい

記事画像

ドラッグストアや100円ショップで手軽に購入できるメラミンスポンジの一番の特徴は、水だけなのにガンコな汚れもスルッと落とせる点です。使い方にはいくつか注意点がありますが、どうしても落ちないガンコな汚れを落とすには便利なため、買っておいて損はないアイテムです!

メラミンが小さくなるのは層がつぶれるから

記事画像

メラミンスポンジとは、メラミン樹脂に空気を含ませたもので、高い研磨効果があります。水だけで汚れを簡単に落とせる理由は「多孔質」。表面に小さな穴がたくさん空いているため、水だけで頑固な汚れもこそげ落とすようにキレイにすることができるんです。

他のスポンジと違って、メラミンスポンジは使っていると次第に小さくなります。目に見えて小さくなるため「溶けているのかな?」と思うかもしれませんが、実際は押し潰して使うことで空気が抜け、層が潰れて小さくなっているのです。

メラミンスポンジの正しい使い方は?使っていい場所・わるい場所

記事画像

メラミンスポンジを使用するときのポイントは、たっぷり水を含ませて軽く絞り優しくこすることです。

先に述べたようにメラミンスポンジは研磨して汚れを落とすため、塗装がされている場所に使うとそれらをも削り落としてしまいます。床のワックスなどは自宅でも塗り直すことができますが、鏡など特殊な加工が施されているものには使用しないようにしましょう。

記事画像

メラミンスポンジを使ってみよう!

ワンパックあると何かと重宝するメラミンスポンジ。汚れを落とすだけではなく、実はさまざまな使い方ができますよ。意外な使い道を3つご紹介します!

床の引きずった傷

記事画像

模様替えをしようと家具を移動させてみたまでは良いものの、床にゴム跡や色素がついてしまった…という経験はありませんか?

水拭きやスポンジではなかなか消えないあの傷も、実はメラミンスポンジを使うことできれいに落とすことができます。水をたっぷりと含ませ軽く絞ったら、傷の部分をやさしく擦ってみましょう。なお、床材の表面まで削って傷つけてしまう恐れがあるので、あくまでも軽く擦り落とすことがポイントです。

スーツケースのこすり汚れ

記事画像

年末年始といえば、帰省や旅行でスーツケースを使う機会が増えますよね。

移動中や飛行場で荷物を受け取るときにケース側面に汚れがついてしまっていることも。なかなかスーツケースを掃除する機会はないですが、これらの汚れは洗剤ではなかなか落ちないのでメラミンスポンジが活躍します。ケースの塗装がはがれないようにやさしく擦って落としましょう。

トイレの便器掃除

記事画像

トイレ掃除に使うトイレブラシは、水切れも悪く家の中でも特に雑菌がたまりやすい場所。衛生面を考えるなら、都度新しいものに取り替えられるメラミンスポンジで掃除するのがおすすめ。

トイレのフタや座面はプラスチック製が多くメラミンスポンジは使えませんが、便器は陶器でできたものがほとんどなので、メラミンスポンジで擦っても傷がつく心配はありません。便器のふち裏、ウォッシュレットの出入り口付近といったブラシでは掃除しにくい場所も、スポンジ素材ならしっかりと掃除することができます。

ゴム手袋をはめてメラミンスポンジでこするか、100円ショップなどで販売されているスポンジを挟むトングなどを使うのもよいでしょう。

使用感に驚き!小さな汚れまで磨き上げよう

記事画像

削って汚れを落とすメラミンスポンジは、柔らかいスポンジと違って研磨効果が高いため使い方や使う場所には注意が必要ですが、リビングやキッチン、トイレなど様々な場所で使うことができます。また、カットしてサイズを自由に調節できるため、大きな汚れから小さな汚れまで対応できます。

年末年始の大掃除時期、メラミンスポンジを使って汚れ一つない我が家に仕上げましょう!

著者プロフィール

■春川ゆかり(はるかわ・ゆかり)

フリーライター・編集者。大手IT企業にてウェブメディアの広告やマーケティング業に携わる。その後フリーランスのライターとして独立し、住まい・子育て・ヘルスケアなどのジャンルで執筆。

この記事に関連するキーワード