メニュー

2019.11.29

うつる?一度なったら治らない?歯周病の疑問を切る【歯周病Q&A#1】

kencom公式ライター:森下千佳

記事画像

日本人が歯を失う理由No.1が歯周病です。ですが、その実態をほとんど知られていないのも事実。
ここでは、歯周病の基本の基本をQA方式で紹介します。答えていただいたのは歯科医の堀江先生です。

歯周病はうつる?ほか予防につながる基礎の疑問4つ

記事画像

歯周病菌は、空気感染はしませんが人から人へうつります。
お子さんへの食べ物の口移しや、歯ブラシやスプーン、箸などの共有で、虫歯や歯周病に感染する危険性が高くなります。絶対にやめましょう。
また、大人同士であってもキスなどの行為でうつります。

記事画像

プラークを増やさないためには、とにかく口の中に食べかすを残さない事が重要です。うがいだけでもしておきましょう。

うがいの時間もない場合は食後に緑茶を飲むのも良いでしょう。緑茶には抗菌作用や虫歯予防、口臭予防の効果が期待出来るカテキンが含まれています。
また、キシリトール入りのガム、またはリカルデント入りのガムを10分程度噛むのも良いと言われています。

記事画像

歯茎が下がってきているのは歯周病の可能性があります。歯周病の原因は歯の磨きすぎではなく、正しい磨き方ができおらず歯垢が落とし切れていないのが原因だと思います。
一度、歯科医院でご自身の歯並びに合わせた歯磨きの方法の指導を受けることをお勧めします。

また、歯ブラシを当てるときは、力を入れないこと。動かし方も大きくゴシゴシではなく、細かく振動させることを意識してください。歯間ブラシやフロスの併用も効果的です。

記事画像

年齢とともに歯茎が下がり、歯と歯の間の隙間があいてくることがあります。これは歯周病が原因か歯磨きをするときに強く磨きすぎている事などで起こります。

症状の進行を抑えるためにも早めに歯科医に相談いただき、弱った歯茎を刺激しすぎないように優しく丁寧な歯磨きを心がけましょう。
定期的な歯科でのメンテナンスとご自身による正しい歯磨きを持続すれば、歯周病の進行を抑える事ができます。

堀江幹子(ほりえ・みきこ)先生

記事画像

日本橋あみ歯科院長
鶴見大学卒業後、同歯科にて勤務。その後都内歯科にて勤務後2014年4月に日本橋あみ歯科を開業し、現在に至る。
歯科の雰囲気が苦手な患者もリラックスして治療を受けられると評判。特に予防歯科に力を入れている。

著者プロフィール

■森下千佳(もりした・ちか)
お茶の水女子大学理学部卒。2000年に東海テレビ放送に入社し、主に報道記者として事件、事故を取材制作。女性ならではの目線で取材先の言葉や見過ごされがちな出来事を引き出す事を得意とする。2009年に家族の転勤で、ニューヨークに渡り4年間移住。当時日本ではなかなか手に入らなかったオーガニックのベビー商品、コスメなどを日本に届けるベンチャー起業を立ち上げに関わる。2013年帰国し翌年に女児を出産。2016年より子宮頸がん検診の啓発活動と健康教育を手掛ける一般社団法人の理事を務める。2019年よりフリーのエディターとして、主に女性と子供の健康、子育てに関する取材、発信している。

この記事に関連するキーワード