メニュー

2018.03.08

腹筋と股関節の前側を鍛える、睡眠前のヨガフッキン【ぐっすり快眠ヨガ#7】

KenCoM公式:ヨガインストラクター・相楽のりこ

記事画像

ゆっくり行うことでお腹の奥まで鍛える

寝転がったときに、ふと目につくお腹。もしも出っ張っているのなら、寝る前に少しケアするだけで、睡眠も日常生活も楽になるかもしれません。
といっても、難しいことはありません。一般的な『シットアップ』と呼ばれる、腹筋のような動きをヨガの手法で行ってみましょう。
呼吸に合わせてゆっくりと行うだけで、お腹の奥の方まで筋肉を刺激させられますよ。

やや緊張したお腹がほぐれる頃には、ぐっすりと眠れるはずです。

【HOW TO】

記事画像

① ベッドやマットの上にリラックスして仰向けに寝る。

記事画像

② 膝を自然な角度で立てる。膝と両足は腰幅に開いておく。

記事画像

③ 両手を前ならえのように胸の前につきだしたら手を組み、人差し指だけ立てておく。

記事画像

記事画像

記事画像

④ 息を吐きながら、背骨を上から順に丸め、人差し指を膝と膝の間に入れて横方向に伸ばしていく。

記事画像

⑤ 身体をできるだけ前方向に倒していき、そこで1呼吸キープする。

記事画像

記事画像

記事画像

⑥ 今度は息を吸いながら、背骨を下から1本ずつ伸ばしていき、元の姿勢まで戻る。3回程度繰り返す。

【ONE POINT】

記事画像

腰だけを使って動くと、腰そのものを痛めてしまう可能性がありますので注意してください。
倒れていく際に指がすぐに天井方向へ向いているようだと、腰だけを使っている可能性が高いですよ。

動画を見ながらご一緒にどうぞ

■過去の連載『3分オフィスヨガ』もどうぞ

著者プロフィール

記事画像

■相楽のりこ(さがら のりこ)
タレント業を経てヨガインストラクターへ。現在は渋谷区千駄ヶ谷に『TODAY SAGARA YOGA STUDIO』をオープン。初心者でも楽しめるメソッドには定評があり、ヨガのリフレッシュ効果やパフォーマンスアップ効果を多くの人に伝えている。